ジダンが監督退任を発表!理由や真相を調査!後任の監督候補はこの3人!?

こんばんは!

本日は

「他の人に断られまくってるこの仕事を引き受けて欲しい…」

という元請けの願いを叶えてきました!

働き者のランプのセイです!

さてさて、

ちょっと驚くニュースがありました!

なんと、チャンピオンリーグを制したレアル・マドリードのジダン監督が退任を発表しました。

成績不振で退任を求められるケースはよく見ますが、このタイミングで…?

理由や真相が気になります。

ということで、ジダンが監督退任を発表し理由や真相&後任の監督候補について調べてみました!

スポンサーリンク

ジダンが監督を退任した理由は何?真相も調査!

レアル・マドリードの監督を退任すると発表したジダン監督ですが、理由はなんだったのでしょうか?

記者会見の中では、以下のように理由を述べています。

確かに、同じ監督が長年チームを率いていてはどうしても変化に乏しくなるでしょう。

トップを走っていれば他のチームと比べて研究もされやすいと思います。

理由としては納得できます。

ただ、本当にこれだけが理由でしょうか?

真相は別のところにもある気がするんですよね…。

というのも、ジダンは2018年の2月にも退任を臭わせる発言をしています。

その時の会見の様子はスペインのメディアで報じられました。

退任について臭わせる部分を要約すると以下のようになります。

  • 監督という仕事は疲れる
  • レアル・マドリードの監督は他のどのチームよりも疲れる
  • 変化が必要な時期は必ず来る

この時から退任については考えていたのでしょうね。

変化が必要だと考えていたことは事実でしょうが、理由…というか真相は

「レアル・マドリードの監督疲れる!!」

という部分もありそうです(笑

確かに、メディアやファンからの注目度は他チームの比ではなさそうです。

そのプレッシャーは私などでは想像しきれません…!

スポンサーリンク

ジダン監督の後任候補はこの3人!?

2月にスペインでは退任説が囁かれ、ディアリオ・アスという新聞では3人の後任候補が掲載されました。

ちなみに、この新聞はスペインの日刊のスポーツ新聞です。

サッカーの記事が中心でレアル・マドリードについても頻繁に扱っています。

そのディアリオ・アスで報じられた後任候補は以下の3人です。

  • ユルゲン・クロップ
  • ヨアキム・レーブ
  • マウリシオ・ポチェッティーノ

ユルゲン・クロップ監督は現在リヴァプールを率いていますね。

ただ、先日のチャンピオンリーグ決勝ではレアル・マドリードと対戦して負けています。

このタイミングでレアルの監督を引き受けるのは相当なバッシングを受けそうな気もします。

ヨアキム・レーブ監督は2006年から今に至るまで、ずっとドイツの代表監督を務めています。

実績や実力としてはレアルを率いるのに申し分ないとも思います。

ただ、ワールドカップを目前に控えたこの段階では交渉を繰り返したり大きな決断をする余裕はないように思うのですが…?

マウリシオ・ポチェッティーノ監督は2014年からトットナムの監督を努めています。

こちらは上記の2人のような

「え!?今はどうなの!?」

というような理由がないので、まだ有り得そうに感じますね。

まとめ

ジダンが監督退任を発表!理由や真相を調査!

ということで、後任の監督候補とされた3人もご紹介しました。

ジダンが監督を退任する理由としては

「変化が必要だ」

としていますが、真相は

「レアルの監督はプレッシャーがすごくて大変」

という部分もありそうです。

また、ジダンの後任候補としては過去に

  • ユルゲン・クロップ
  • ヨアキム・レーブ
  • マウリシオ・ポチェッティーノ

の3人の名前が挙がりました。

タイミングから考えて、この中でありそうなのはポチェッティーノ監督でしょうか。

続報が楽しみですね!

それでは、そろそろランプに戻ります!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。