【即位礼正殿の儀】参加国・不参加国の一覧まとめ【即位の礼】

2019年10月22日は即位礼正殿の儀。

報道によると参加国は190以上に登るということですが、具体的にはどこの国が来るのでしょう。

このページを見つけたという事は、アナタも

「即位礼正殿の儀に参加する国はどこなのか知りたい」

と思ったのでは?

ご安心ください!

その望み、叶えてみせましょう。

この記事では、2019年10月22日に行われる即位礼正殿の儀に参加する国を紹介します!

※このページの情報は2019年10月11日時点のものです。

即位礼正殿の儀への参加国一覧まとめ

冒頭でもお伝えした通り、即位礼正殿の儀への参加国は190以上が見込まれると報じられています。

ものすごい数ですが…ん?ちょっと待ってください。

そもそも世界の国って現在いくつあるんでしたっけ?

そう思って調べてみると、現在の国連加盟国は日本を含めて193ヵ国でした。

一方、日本は195ヵ国を招待したと報じられていました。

  • 日本は北朝鮮を国家承認していない事
  • 国連非加盟国でもバチカン市国、クック諸島、ニウエ、コソボ共和国とは国交がある事

を考えると

193(国連加盟国)ー2(日本・北朝鮮)+4(非加盟国で国交のある国)=195

なので、

参加国は

日本と北朝鮮を除いた国連加盟国191ヵ国にバチカン市国、クック諸島、ニウエ、コソボ共和国を加えた195ヵ国となりそうです。

国連加盟国の一覧はこちらのページで確認できます。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』国の一覧

スポンサーリンク

即位の礼に不参加の国はどこ?

世界中のほぼ全ての国々が即位の礼に参加するとなると、逆に不参加の国が気になりませんか?

参加国を把握するより、不参加国を把握しておく方が圧倒的に楽ですし…。

という事でちょっと考えてみたのですが、国連非加盟国のうち日本と国交を結んでいない

  • パレスチナ
  • 台湾
  • サハラ・アラブ民主共和国
  • ソマリランド
  • 北キプロス
  • トランスドニエストル共和国
  • 南オセチア共和国
  • アブハジア共和国
  • アルツァフ共和国

は不参加だと予想します。

不参加というかそもそも日本が招待していないでしょうね。

既に述べた通り日本が国家承認していないので北朝鮮も招待していないはず。

その他の国々は

  • 韓国:文在寅大統領は欠席・李首相を派遣
  • フィリピン:ドゥテルテ大統領は欠席・代表者を派遣

と報じられていて、国のトップが参加できない場合でも他の人間を派遣する予定でした。

まとめ

即位礼正殿の儀への参加国・不参加国を紹介しました!

不参加国…というか、日本が招待していない国は

  • 北朝鮮
  • パレスチナ
  • 台湾
  • サハラ・アラブ民主共和国
  • ソマリランド
  • 北キプロス
  • トランスドニエストル共和国
  • 南オセチア共和国
  • アブハジア共和国
  • アルツァフ共和国

と考えられ、それ以外の国は参加すると予想できます。

195ヵ国のトップが集まるって…

ちょっとすごすぎて訳が分かりません。

サミットどころではないですね…。

これだけ多くの国と友好関係にある日本の国民であることを誇りに思います。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする