瀬古利彦のプロフィールや経歴&家族情報!現役時代の成績や記録は?

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

ボクシング界で腐敗体制が明らかになり、かなり注目されていますが今度は陸上の方でもセクハラ問題が話題となっています。

2020年の東京オリンピックに向けてマラソン強化戦略プロジェクトリーダーを務めている瀬古利彦さんがセクハラ発言をしてしまったとのことでした。

その発言がきっかけで人事の異動もあったようですが、ご本人は

「覚えてないよ」

と言っています。

一体、瀬古利彦さんとはどのような方なのでしょう?

プロフィールや経歴、家族情報とともに現役時代についても調べてみます。

スポンサーリンク

瀬古利彦のプロフィールや経歴&家族情報!

瀬古利彦氏について、

  • プロフィール
  • 経歴
  • 家族情報

を調べました。

プロフィール

  • 名前  瀬古利彦
  • 年齢  62歳(2018年8月現在)
  • 誕生日 1956.7.15
  • 出身校 早稲田大学

ニュースサイトに使われていた写真は黒髪で肌ツヤもよく、とても62歳には見えませんでした!

若々しくて羨ましいです。

経歴

高校までは野球をやっていた経歴をお持ちです。

本格的に陸上を始めたのは大学に入ってからということです。

大学でマラソンを始めた瀬古利彦氏は1年生の大会で新人賞を受賞し、その後も輝かしい成績を残します。

(後述する現役時代の成績を参照)

1987年に現役を引退したものの、その後は監督やコーチとして更新の育成に励みます。

家族情報

瀬古利彦さんは結婚してお子さんが4人もいるとのことでした。

4人ともなるとかなり賑やかそうですね~!

ただ、瀬古利彦さんの年齢を考えるとお子さんは皆さん実家を出ていそうな気もしますね。

もしかしてお爺ちゃんになっていたりするのでしょうか?

スポンサーリンク

現役時代の成績や記録は?

以下が瀬古利彦氏の現役時代の記録です。

1977.02 京都マラソン10位
1977.12 福岡国際マラソン5位
1978.12 福岡国際マラソン優勝
1979.04 ボストンマラソン2位
1979.12 福岡国際マラソン優勝
1980.12 福岡国際マラソン優勝
1981.04 ボストンマラソン優勝
1983.02 東京国際マラソン優勝
1983.12 福岡国際マラソン優勝
1984.08 ロサンゼルスオリンピックOlympic flag.svg14位
1986.04 ロンドンマラソン優勝
1986.10 シカゴマラソン優勝
1987.04 ボストンマラソン優勝
1988.03 びわ湖毎日マラソン優勝
1988.10 ソウルオリンピックOlympic flag.svg9位

優勝がすごく多いですね…!

日本人の記録を作ったり、世界上位に入ったり、現役時代はすごい成績を残している方でした!

まとめ

瀬古利彦のプロフィールや経歴&家族情報!

ということで、現役時代の成績や記録も調べました!

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。