SANGOで太字を使うには?strong以外で簡単に文字を太くする方法!

こんばんは!

働き者のランプのセイです。

新しく作ったサイトにワードプレスの有料テーマ「SANGO」を入れてみたのですが、文字を太字にしようとBボタンを押したら「strong」で囲まれていました。

strongを多様するとSEO的によくないと聞いたのですが、どうしたら良いのでしょう?

調べてみるとCSSファイルを書き換える方法が見つかりましたが、私のサイトでは効果がありませんでした。

そもそも、サイトが壊れたら嫌なので可能ならCSSファイルの編集なんてやりたくありません…!

もっと簡単に太字にする方法はないのでしょうか?

…というわけで、

ワードプレスのテーマ「SANGO」にてstrong以外に太字を使う方法を調べました!

スポンサーリンク

strongで太字にしてはいけない理由

ワードプレスで記事を書いていて、文章を太字にしたい時ってどうしてますか?

右上のBボタンを使っている人は注意した方がいいかもしれません。

赤で囲ったボタンのことです。

こちらで装飾した後にビジュアルタブからテキストタブに切り替えてみると、選択した文章がstrongで囲まれています。

こんな風ですね。

このstrong、文字が太くなるだけでなく検索エンジンに

「ここは重要だよ!」

とアピールする機能があります。

たくさん使いすぎると検索エンジンから見た時に何が重要なのか分からなくなって表示順が下がったり、最悪の場合スパム扱いされてペナルティを受けることもあります。

では一体どうすれば安全に太字を使えるのでしょうか?

<b>を使えば簡単に解決できる

strongを多用してはいけないことは分かりましたが、じゃあどうすればいいのでしょう?

答えとしては、<b>と</b>で文字を囲ってやれば問題ありません。

bでも文字を太くできる上、検索エンジンからは普通の文字と同様に見なされます。

こちらのようにbで囲うと…

ちゃんと太字で表示されています!

でも毎回<b>を入力するのは面倒くさいですよね。

そこで、多くの方はプラグインを導入して簡単に<b>を使えるようにしています。

スポンサーリンク

AddQuicktag を使うと楽だし簡単!

AddQuicktagは様々な手間を省いてくれる便利なプラグインです。

こちらを使えば、文字を選択して「太字」を選ぶだけで<b>の太字を使うことができます。

とは言え、インストールしただけでは使えません。

最初に少しだけ設定を加えてあげる必用があります。

インストール済みのプラグインからAddQuicktagを選び、設定を選択します。

赤い四角で囲ったラベル名、開始タグ、終了タグ、チェックボックスを入力し、最後に「変更を保存」を選択します。

これだけで設定は完了です。

まとめ

SANGOで太字を使うには?

ということで、strong以外で簡単に文字を太くする方法を紹介しました。

「<b>使えばいいだけじゃん」

と言われたら全くもってその通りなのですが、お恥ずかしいことにしばらく気付きませんでした…!

というか、

このサイトはテキストタグから太字のボタンを選ぶと<span class=”bold”>が入るんですよね。

なので余計に<b>に馴染みがありませんでした。

そして<b>が当たり前過ぎて検索結果にも上がってきませんでした(笑)

でも、私みたいな人もゼロではないと思うのでその方の助けになれば幸いです。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。