2018ルヴァンカップの優勝賞金はいくら?他の大会との金額も比べてみた!

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

2018年のルヴァンカップも終わりを迎えます。

5月からグループステージが始まり、約半年間続いたこの大会ですが優勝賞金はいくらなんでしょうか?

ルヴァンカップで入賞した場合の賞金屋景品、その他の特典と合わせて他の大会の賞金も調べてみました!

2018ルヴァンカップの優勝賞金はいくら?意外な特典もあり!

ルヴァンカップの優勝すると賞金1億5000万円がもらえます。

さらに

  • Jリーグカップ(チェアマン杯)
  • JリーグYBCルヴァンカップ(スポンサー杯)
  • メダル

これらも優勝の商品となっていました。

二つのカップの意味がよくわからなかったのですが、調べてみるとどうやらトロフィーのようですね。

さらにルヴァンカップに優勝するとスルガ銀行はチャレンジカップへの出場権が得られます。

スルガ銀行チャレンジカップでは南米のコパ・トタル・スダメリカーナという大会で優勝チームと試合を行い、勝てば3000万円、負けても1000万円もらえるという試合です。

2016年はブラジルのシャペコエンセというチームが、2017年はアルゼンチンのインデペンディエンテが来日しそれぞれ浦和レッズ、セレッソ大阪と戦いました。

ブラジルやアルゼンチンのチームと戦えるというのは非常に魅力的な体験ですね!

ちなみにルヴァンカップ2位の賞金と景品は

  • 賞金5千万円
  • メダル

3位では

  • 1クラブにつき賞金2千万円

となっています。

スポンサーリンク

他の大会の優勝賞金と比べてみた!

1億5000万円ってサッカーの賞金としては多いのでしょうか?それとも少ないのでしょうか?

国内で開催されているプロサッカーの大会賞金を調べてみました!

Jリーグ

優勝 総額15億5000万円

2位 総額7億円

3位 総額3億5000万円

4位  総額1億8000万円

天皇杯

優勝 1億5000万円

2位  5000万円

3位  2000万円

Jリーグの賞金はDAZNがスポンサーになってから爆発的に上がりました。

それまでは優勝しても1億8000万円の賞金でしたから、ルヴァンカップの賞金は国内の他の2つの大会と横並びだったわけです。

うーん…!

すごい金額だったのですが、どうしても現在のJリーグの賞金と比べるとちょっと霞んでしまうというか…。

その分リーグ上位のチームはリーグ戦に集中したいでしょうから、下位のチームは狙い目かもしれませんね。

まとめ

2018年のルヴァンカップで優勝した場合の賞金金額を調べました。

優勝すると1億5千万円がもらえ、これは天皇杯の優勝賞金と同程度です。

現在ではDAZNがスポンサーになったことによりJリーグの金額が跳ね上がっていますが、それより前は優勝賞金1億8000万円でした。

ルヴァンカップの優勝賞金はそれより少し少ないぐらいですね。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする