【原文有り】ロザンヌ・バーがTwitterに投稿した内容は?ヴァレリー氏との関係

こんにちは!

「仕事で悩んでいるので相談にのって欲しい」

という大学の後輩の願いを叶えてきました。

家と会社以外でも働き者のランプのセイです。

さてさて、

ロザンヌ・バーさんが差別的な発言をしたせいで番組が打ち切りになったことがニュースとなっていました。

一体、ロザンヌ・バーさんがTwitterに投稿した内容はどんな文章だったのでしょうか?

原文を見つけることはできるでしょうか?

また、ヴァレリー・ジャレットさんとの関係はどうだったのでしょうか?

気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

ロザンヌ・バーがTwitterに投稿した内容は?どんな文章?

ロザンヌ・バーさんがTwitterに投稿した内容は画像で保存されており、twitter上で原文を確認できました。

訳すと

「ムスリム同胞団と猿の惑星は赤ちゃんを産んだ」

みたいな内容でしょうか。

それがヴァレリー・ジャレットさんだというんですね。

現在はこのツイートは削除され、ロザンヌ・バーさんはヴァレリー・ジャレットさんに謝罪しています。

しかし、このツイートが理由で彼女が主演とエグゼクティブ・プロデューサーを務める「Roseanne」という番組は打ち切りになりました。

これは局の人気番組で、この番組のおかげで久々にメジャーネットワークで首位を取れたほどです。

にも関わらず、ツイートから半日も経たないうちに番組の打ち切りが決まりました。

これに対してアメリカ国内では多くの賛辞が送られています。

たった1つのツイートで、看板番組を即打ち切り…!

日本では考えられないほど潔く、迅速な対応ですね!

スポンサーリンク

ロザンヌ・バーとヴァレリー・ジャレットは仲が悪いの?

ロザンヌ・バーさんとヴァレリー・ジャレットさんは仲が悪かったのでしょうか?

ロザンヌさんは熱烈なトランプ支持者です。

対してヴァレリーさんはオバマ前大統領の側近でした。

おそらくですが、ヴァレリーさんがどうというよりオバマ前大統領に対して不満があったのでしょうね。

その側近のヴァレリーさんに対しても敵意を持っていたのでしょう。

アメリカの選挙って日本と比べるとかなり熱が入りますからね。

そのうえ攻撃的ですから…こういう事件が起きてしまうのも分からなくはないです。

まとめ

ロザンヌ・バーがTwitterに投稿した内容は?

ということで、原文やヴァレリー氏との関係を調べてみました。

番組を打ち切ると聞いたので

「Twitterへの投稿は過激なものが多かったのだろうな」

と思っていました。

しかし、まさかの1ツイート。

覆水盆に返らずとはこのことですね。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。