東国原氏の俳句「指名手配の顔に✕」はどういう意味?プレバトで宮日新聞から盗作か

おはようございます!

昨日は

「燃えるゴミを出してきて欲しい」

という妻の願いを叶えました!

働き者のランプのセイです。

さてさて、

タレントの東国原英夫氏が「プレバト!!」内で披露した俳句が宮日新聞からの盗作だったのではないかと話題になっています。

宮日新聞…梅雨寒や 指名手配の 顔に✕

東国原氏…梅雨明や 指名手配の 顔に✕

確かに、盗作を疑われるのも仕方ないくらい似ていますね…。

それにしても、この俳句は一体どういう意味なのでしょうか?

気になったので考えてみました!

スポンサーリンク

「梅雨明や 指名手配の 顔に✕」はどういう意味?

プレバトで披露された

「梅雨明や 指名手配の 顔に✕」。

意味についてなんですが、ネット上でも

「どういう意味?」

という声が多数見られました。

分からなかったのは私だけじゃないようででホッとしています(笑)

我が家は妻が歴史や古典が好きなのでちょっと聞いてみました。

すると、

「梅雨が明けた時の晴れやかな気持ちと、犯人を逮捕した警察の晴れやかな気持ちをかけたんじゃない?指名手配犯のポスターも捕まると顔に✕がつくから」

とのこと。

ナルホド!!

結構アリそうじゃないですか?

そう考えるとこの俳句の良さというか、上手さが分かりますね。

ちなみに私は

「顔に✕」

という点から手をクロスさせて

「NGです!」

と言っているところを連想してしまい、

「梅雨が明けると傘で顔を隠せなくなり、指名手配犯は外を歩きにくくなる」

という意味かと思いました。

スポンサーリンク

東国原氏は盗作をしたの?

東国原氏はTwitterで以下のように述べています。

取り下げる事を含め、プレバトの番組スタッフと相談するということでした。

ネットでは

  • こんなの盗作に決まっている
  • 盗作なんてすぐバレるんだからやらないと思う

という2つの意見に分かれています。

私としては「指名手配の 顔に✕」という部分は普通似ないのではないかと思いました。

ただ、だからといって盗作だと言う訳ではなく、どこかで目にして潜在意識の中に残っていたのかもしれませんね。

ちなみに御本人は

と仰っています。

まとめ

プレバト盗作問題で話題の東国原氏の俳句、「指名手配の顔に✕」はどういう意味か考えてみました。

我が家では

  • 梅雨が明けた晴れやかな気分と、犯人を逮捕した警察の「終わった~!」という気持ちをかけた(by妻)
  • 梅雨が明けると傘で顔を隠せないので指名手配犯が困る(by私)

という意見が出ました。

妻の方がアリそうですね(笑)

こんな風にあれこれ議論できるのも俳句の良さかもしれないなぁと感じました!

宮崎新聞から盗作したかについては、どこかで目にして潜在意識の中に残っていたのでは…?

と思います。

本当に目にした事がないのだとしたら発想が似すぎていてすごいですよね!

「梅雨寒や 指名手配の 顔に✕」

と投稿した人と東国原氏は仲良くなれそうです(笑)

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする