漫画村のデメリットはスマホの寿命減!仮想通貨との意外な関係

無料で漫画を読むことができ、多くの人が利用している漫画村。

「映画の海賊版は見るだけでも違法だし、漫画も同じでしょ?」

と思いきや、漫画の場合は違法行為とはなりません。

しかし、仮想通貨の為の複雑な計算をさせられてスマホの寿命が減ってしまう恐れがあります。

スポンサーリンク

なぜ違法ではないのか

2018年2月現在の日本の法律では、違法にアップロードされたものでもサイト上で漫画を読むだけなら違法行為にはなりません。

(詳しくは著作権法を参照)

ただし、これをダウンロードして保存してしまうと違法となります。

漫画村のサイト上で読むだけなら利用者が違法行為で処罰されることは今のところありません。

漫画村を利用することのデメリット

CPUと電池に負担大

利用者の多くが

「漫画村を見ていると電池の減りが早い」

と言います。

実はこれ、仮想通貨のマイニングをさせられているのかもしれません。

マイニングというのは、仮想通貨の取引記録が正しいことを計算によって証明する行為です。

本来ならマイナーと呼ばれる業者が専用の端末を何千台も用意して行います。

しかし、無料の漫画サイトにアクセスした途端に自分のパソコンがハッキングされ、勝手にマイニングを始めたという報告があります。

電池の減りが早くなるということは、漫画村でも同様のことが起きている可能性があります。

本来マイニングは個人の端末で行えるようなものではありません。

それを閲覧者で分担しているとは言え、スマートフォンで行うのですからCPUへは大きな負担となります

スポンサーリンク

漫画業界の衰退

私たちが漫画を買わないとどうなるでしょうか。

「漫画が売れない」=「人気がない」と判断され、面白い漫画でもすぐに打ち切りとなってしまいます

また、漫画を買う時に支払うお金は本屋、出版社、漫画家の利益になります。

しかし、漫画村を利用した場合はお金を払っていないので本屋も出版社も漫画家も収入になりません。

結果として漫画に携わる仕事をする人が減り、私たちが面白い漫画に出会う事が困難になるでしょう。

まとめ

現在は漫画村を見ること自体は違法ではありませんが、スマホの寿命を早めると同時に漫画業界の衰退にもつながります。

また、業界の損失額は数百億円と言われ国会の議論の中でも「漫画村」という単語が出ました。

既に各出版社も規制に向けて動いており、そう遠くないうちに利用できなくなるのではないでしょうか。

自分の知らないところで法律が変わっていたら、ある日突然逮捕されてしまうかもしれません。

自分の身を守る為にも大好きな漫画を守る為にも、きちんとお金を払って読むべきだと考えます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。