どうなる?Jリーグで外国人枠の撤廃を検討中!メリットとデメリットを調査!

おはようございます!

そういえば昨日はゴミ出しを忘れていました。

普段は働き者のランプのセイです。

さてさて、

イニエスタの来日に伴い、Jリーグでは外国人枠の撤廃が検討されているようです。

…え!?

規制の為のルールではなく、事実に合わせてルールを作るという…。

「何の為のルールだったの」

という気もしますが、それだけイニエスタの影響力は大きいということですね。

また、スポンサーがDAZNに変わり賞金も大幅にアップしたことから海外選手から見たJリーグの印象も変わっている事と思います。

今回の件は良い変化なのかもしれませんね。

でも、外国人枠が撤廃になったらどうなってしまうのでしょう?

メリット・デメリットやネットの反応を見てみました!

スポンサーリンク

Jリーグ外国人枠撤廃のメリットとデメリット

Jリーグで外国人枠を撤廃することのメリットとデメリットを考えてみます。

外国人枠撤廃の3つのメリット

  • 高い技術を持った外国人選手が多く加入し、戦力がアップ
  • 国内リーグの全体的なレベルが上がり、日本人選手の技術もアップ
  • 海外スター選手を積極的に補強でき、国内でサッカーへの注目が高まる

すぐに思いつくのは以上でしょうか。

近年は日本も強くなってきましたが、それでも海外サッカーの方がレベルは高いと思います。

(もちろん国にもよりますが)

ハイレベルな外国人選手と練習をともにすることで日本人選手の技術もアップすることが期待できます。

また、海外の有名選手が多数集まれば国内でのサッカーへの関心も高まると思います。

悲しいかな、日本代表線などは一時的に盛り上がるのですが、テレビが取り上げなくなると関心をなくしてしまう方が多いと感じますので…。

普段から関心を持っている方が増えるといいなぁと思います。

外国人枠撤廃の3つのデメリット

  • 日本人(特に若手)の出場機会が減る
  • チーム間の格差が大きくなる
  • 連携が取りづらくなる

強力な外国人選手が増えることで日本人選手のチャンスが減るという心配があります。

実績のない若手選手はただでさえ出場機会を掴むのが大変なのに、それがさらに困難になってしまうのはデメリットとも言えるでしょう。

また、資金力のあるクラブチームの1強状態が出来上がってしまう可能性もあります。

そうなってしまうとシーズン開始前から結果がわかってしまい、面白みに欠けるかもしれません。

個人的には、外国人選手ばかりになった時にチームが崩壊しないかも心配です。

海外の大物選手が加入しても言葉の壁を越えきれずに孤立してしまい、いまいち活躍できない…そんなケースは何度も見た気がします。

スポンサーリンク

Jリーグ外国人枠撤廃に対するネットの声

ヤフーニュースについたコメントでは肯定的なものが多かったのですが、Twitterを見ていると賛否両論だと感じました。

私としては、3つ目のツイートのように日本人枠は設けてほしいと思っています。

チーム全員が外国人になってしまったら下部組織の育成に力を入れる意味が薄くなってしまうと思うので。

私が経営側だったらその為の資金を既に育っている外人を引っ張ってくる為に使うと思います。

まとめ

Jリーグで外国人枠の撤廃を検討中!

ということで、今後どうなるのかをメリットとデメリットで見てみました。

ハイレベルなプレーが見られるのは楽しみですが、日本人選手も切磋琢磨して力を磨ける環境を整えて欲しくはありますよね。

全員外人になってしまうとそういう雰囲気がなくなりそうで心配です。

その辺りは協会の手腕に期待します。

それではランプに戻ります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする