+メッセージとこれまでのSMSの違いは何?スタンプ&文字数や既読機能を調査

こんにちは!

今日は予定していた仕事がキャンセルになってしまい、願いを叶える事ができませんでした。

普段は働き者のランプのセイです。

さてさて、

ニュースサイトを見ていると見慣れない言葉を発見しました。

+メッセージ(読み方はプラスメッセージ)。

なんでしょうこれ。

ラブプラスの親戚?

冬に新作が出ると言いながら延期してましたが、それですかね?

と思ったら、ケータイ大手3社が合同で提供する新しいSMSサービスとのことです。

5月9日リリースということで、もうすぐですね。

これまでとは何が違うのでしょうか。

既存のSMSはとにかく文字数が制限されて使いにくい印象でした。

+メッセージはどうなるのでしょうか。

また、ラインのようなスタンプは?

既読無視とか面倒な部分は改善されている?

気になったので調べてみました!

スポンサーリンク

+メッセージとこれまでのSMSの違いは何?スタンプ&文字数

まず、+メッセージと既存SMSとの最大注目ポイントは

  • 文字数制限大幅アップ!全角2730文字送れるようになった
  • キャリアのスタンプが送れるようになった

この2点でしょう。

文字数制限が2730文字にアップ!

文字数制限については読んで字のごとくですね。

この制限のおかげでずいぶんと不便な思いをしたので、非常にありがたいです。

友人同士なら基本は問題ないのですが、親や親戚はラインを使用していなくて苦労しました。

今まで数十文字だった文字制限が+メッセージのおかげで2730文字まで増えるというのは嬉しいニュースです。

スタンプが送れるように!種類は少ない?

私が気になっているのはスタンプについてです!

どんなスタンプが送れるのでしょうか?

ラインだと人気漫画や芸能人、マイナーなご当地キャラまで様々なスタンプがありますよね。

これがラインの魅力の一つだと思っています。

しかし、+メッセージの用意するスタンプはそれらと比べるとどうしても少なくなってしまいます。

よほど魅力的なオリジナルキャラクターでない限り、ラインに太刀打ちすることはできないと思います。

これは予想なのですが、アプリ発表からしばらくは利用者が少ないんじゃないんでしょうかね。

スタンプの種類が増えていくにつれ、徐々に盛り上がっていくでしょう。

ラインでスタンプがあったキャラクターはどうなるの?

また、もうひとつ気になっていることがあります。

過去にラインにスタンプOKを出した企業や個人は+メッセージにもOK出すんですかね。

なんか、A社に協力しておきながらライバル会社のB社にも協力するとかどうなの、って思っちゃいます。

もしここがうまく行かなかったら人気コンテンツのスタンプはほぼラインに押さえられています。

新たにスタンプを増やしていくのは難しいですよね。

今後出てくる新しいコンテンツを狙うとして、利用者からすると使いたいスタンプがラインと+メッセージで分かれてしまっては迷惑です。

最終的にラインと+メッセージが統合されて共通で使えるようになる気はしますが…それまでが使いにくいですよね。

スポンサーリンク

+メッセージの既読機能はどうなる?

ラインを使っていた若者はみんなツイッターやインスタなどに移ったと聞きました。

私はおっさんなのでラインを使っていますが(笑

このライン離れが進んだ背景としては既読機能の存在が大きかったように思います。

既読無視という言葉が流行ったとおり、返信にスピードを求められるようになってしまいました。

それによりスマホを手放せなかったり、仲間はずれに怯える子供たちも増えました。

+メッセージは既読機能を無くしてくるんだろうなと思いきや、既読確認ができてしまう様子。

せめて設定で相手に分からないようにするとか、そういった機能があるといいなぁと期待します。

【まとめ】

+メッセージとこれまでのSMSとの違いは何?ということで、

スタンプ&文字数や既読機能について調査してみました。

まぁ、正直な感想を言わせてもらうと

ぶっちゃけパクリじゃん!!

って感じですね。

大手で結束してラインを潰しにかかっているというか。

あんまり印象よくないです。

まぁ、使いやすいサービスだったら嬉しいですけどね。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。