ペルセウス座流星群2018はいつが見頃?見える方角やピークの時間を調査!

こんばんは!

働き者のランプのセイです!

2018年は

「今までこんなのあった!?」

というぐらい猛暑がすごいですね…!

しかし!

夏という季節は素敵な思い出をたくさん残してくれます!

その1つとなりそうなのがペルセウス座流星群ですね!

毎年たくさんの流星が流れ、三大流星群の1つと呼ばれています。

2018年のペルセウス座流星群は新月の時期と重なる為、例年よりも見やすくてオススメです!

今回は2018年のペルセウス座流星群について、

見頃の日や見える方角、ピークの時間をお伝えします!

スポンサーリンク

ペルセウス座流星群2018はいつが見頃?

2018年のペルセウス座流星群の見頃はいつでしょうか?

そう思って調べてみたのですが、

流星群の動きが一番活発になる「極大」と言われる時間は8月13日の午前10時頃とのことです。

Σ明るい時間!?

これはちょっと残念ですね…。

ブラジルに行けば夜の10時が見頃になるということでしょうか?

でも流石にそうもいかないので、その前後の日がよさそうですね。

日本での見頃は13日の午前10時に一番近い、13日未明とされています。

未明なら街頭も少ないですし、たくさん見れそうですね♪

スポンサーリンク

見える方角やピークの時間を調査!

2018年のペルセウス座流星群が見える方角は…

どこでも見えるのですが、強いて言えば北東の方角がよさそうです。

というのも、流星群には放射点というものがあり、そこを中心にあっちこっちへ星が流れるんですね。

この放射点が北東の方角から段々と上がってきます。

見頃とされる13日以外にも共通で言えることとして、21時前だとこの放射点の位置が低いので流星が見えづらいです。

21時頃から徐々に放射点の高度が高くなっていき、夜明け前がもっとも多くの流れ星を観察できます。

単純に13日の午前10時に近ければ近いほど見える、という訳でもないんですね~(汗)

まとめ

ペルセウス座流星群2018はいつが見頃?

ということで、見える方角やピークの時間も調べてみました!

2018年のペルセウス座流星群は8月13日の未明が一番の見頃です。

放射点が北東の空から上がってくる為、早いうちは北東の方角を向いていた方がよさそうですね。

ピークの時間は日付問わず未明の明るくなり始める直前…という感じでした。

2018年は新月で流れ星が見えやすいのがありがたいですね♪

あとは天気が晴れるのを祈るのみ!

ですねっ。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。