「未来のミライ」ネタバレまとめ!原作を読んだ私が登場人物&あらすじや内容を紹介

おはようございます!

昨日は

「ヘビのおもちゃやって!」

という猫の願いを叶えてきました。

働き者のランプのセイです。

さて!

映画公開まで1ヶ月となった未来のミライですが、先日発売された原作小説を読み終えました!

数々のヒット作を生み出してきた細田守監督の次の作品はどのような物語か、気になっている方も多いと思います。

「見る前に情報を知りたい!」といういわゆるネタバレOK派の為に未来のミライあらすじや内容についてネタバレ情報をお送りします!

「映画を見るまで知りたくない!」というネタバレNG派の人は読まないでくださいね!

スポンサーリンク

「未来のミライ」の登場人物についてネタバレ!

未来のミライについて、映画の予告に出てくる登場人物のネタバレです!

「王子様ですよ。あなたが生まれる前のね」と言う男性

「王子様ですよ」と言っている長髪のおじさん。

物語の鍵を握る重要人物のような雰囲気があります。

私は予告編を見た時、なんとなく

「この人の魔法でタイムスリップしているのかな」

なんて思っていました。

しかし、彼の正体についてネタバレするとペットのゆっこ(犬)でした(笑)

妹のミライちゃんが生まれたことで両親がかまってくれなくてスネているくんちゃん。

実は以前にも全く同じ思いを味わった存在がいたのです。

それがゆっこなんですね。

くんちゃんが生まれる前は二人の愛情を一身に受けていたゆっこですが、くんちゃんが生まれてかまってもらえなくなりました。

「王子様ですよ。あなたが生まれる前のね」

というのは王子様のように可愛がられていたという意味だったんですね!

「おいしいおいしい!」と散らかし回っている少女

「おいしい!おいしい!」

と、くんちゃんと一緒に部屋を散らかし回っている少女。

彼女についてネタバレすると、くんちゃんのお母さんです。

私はてっきり、少し大きくなった未来のミライちゃんかと思っていました。

子供時代のお母さんは母親の靴の中に

「猫を飼いたい」

という手紙を入れ続けていました。

しかし、野良猫に燕の巣を狙われて以来は猫を嫌いになってしまいます。

現代で飼っているペットが猫ではなく犬のゆっこなのはそんな理由がありました。

ちなみに、展開についてネタバレすると靴に手紙を入れるという方法を真似してくんちゃんは自転車を買ってもらいます。

馬に乗っている父の面影を残した青年

馬に乗っている凛々しい青年。

こちらは

「父の面影を残した青年」

とテロップ出ていることからすっかりお父さんかと思っていました。

ところが、この青年の正体をネタバレすると「ひいじいちゃん」です。

手紙を入れることで自転車を買ってもらえたくんちゃんですが、うまく乗れずにすぐに諦めてしまいます。

そんな時にタイムスリップし、ひいじいちゃんと一緒に馬に乗ります。

最初は怖くて目を開けられなかったくんちゃんですが、

「遠くをみろ」

というアドバイスによって少し怖くなくなりました。

現代に戻るとそのアドバイスを思い出し、自転車に乗れるようになります。

ちなみに、予告編でバイクに乗っている人物についてネタバレすると、こちらもひいじいちゃんです。

「未来のミライ」のあらすじについてネタバレ!

公式ホームページのあらすじには以下のように書かれています。

未来からやってきた妹・ミライちゃんと出会います。
ミライちゃんに導かれ、時をこえた家族の物語へと旅立つくんちゃん。

出典:https://mirai-no-mirai.jp/story/index.html

しかし、こちらについてネタバレしてしまうと未来のミライちゃんが導くという感じはありませんでした。

私はてっきり未来のミライちゃんが案内人となって色んな時代を見に行くのかと思っていました。

しかし、基本的にはくんちゃんが一人で別の時代に飛んでいきます。

果たして、くんちゃんが最後にたどり着いた場所とは?
ミライちゃんがやってきた本当の理由とは――

出典:https://mirai-no-mirai.jp/story/index.html

こちらについてネタバレしてしまうと、くんちゃんが最後にたどり着いた場所は不思議な駅の遺失物預かり所です。

持ち主として両親の名前や自分が誰かについて聞かれ、答えられなかったくんちゃんは「ひとりぼっちの国」へ送られそうになります。

ミライちゃんが助けてくれるんですけどね。

未来のミライちゃんがやってきた本当の理由は、くんちゃんに家族の大切さを教える為…ということなんでしょうか。

未来のミライちゃん登場シーンのネタバレをすると

「嫁入りを遅らせない為に雛人形を片付けに来た」

という理由なのですが。

家族について教える為と考えると、

「未来のミライちゃんがやってきた」

というよりは

「中庭の樫の木がくんちゃんを見かねて家族の歴史を伝えようとした」

という感じがします。

スポンサーリンク

「未来のミライ」の内容についてネタバレ!

未来のミライの内容についてネタバレすると、

  • 妹のミライちゃんの誕生で両親を取られてスネる
  • ゆっこが人間の姿で出てきて「過去の自分もそうだったことを伝える」
  • 未来のミライちゃんが雛人形を片付けに来る
  • 子供時代のお母さんと会う
  • 自転車を買ってもらうが乗れない
  • 青年時代のひいじいちゃんと馬に乗る
  • 馬上で教わったコツで自転車に乗れるようになる
  • 家出したら不思議な世界から帰れなくなる
  • 未来のミライちゃんが迎えに来てくれる

といった流れです!

家の中庭にある樫の木がくんちゃんの家の歴史を記録しており、くんちゃんが中庭で遊んでいるとちょくちょく過去にタイムスリップします。

現代→過去→現代→過去…

と、タイムスリップを繰り返しながら過去での出会いを糧にくんちゃんが少しずつ成長していくという内容です。

未来のミライについてネタバレ有りの感想!

私はわがままばかりのくんちゃんが好きになれず、イライラしたまま最後まで終わってしまったというのが正直な感想です(笑)

私には5歳下の弟がいます。

くんちゃんが4歳ですから、同じ歳の頃には母親のお腹に弟がいました。

母親の体調を気遣って荷物を持ったり背中をさすったり、洗濯物を畳んだりとお手伝いを頑張っていた記憶があります。

弟が生まれてからもオムツ替えをしたり一生懸命お兄ちゃんしていました。

人によっては

「くんちゃん可哀想」

とか

「くんちゃん可愛い」

という感想かもしれませんが、私としては

「なんだこいつ…」

とドン引きでした(汗)

生まれたばかりのミライちゃんに嫉妬しておもちゃで殴るシーンもありますし…。

ただ、そんな感想を抱いていても山下達郎さんの曲が流れる予告編を見るとすごく良い映画のように感じます。

見たいです(笑)

細田守監督がどのように面白い作品にするのか楽しみです!

まとめ

「未来のミライ」ネタバレまとめ!

ということで、原作を読んだ私があらすじや登場人物&あらすじや内容についてネタバレしました!

予告編に登場する人物をネタバレすると

  • 王子様→ペットのゆっこ
  • くんちゃんと走り回っている少女→子供の頃のお母さん
  • 父の面影を残した青年→ひいじいちゃん

でした。

あらすじについては原作を読んだ後に見るとちょっと違う感じもします。

内容は中庭の樫の木が過去の歴史を記録しており、くんちゃんが過去にタイムスリップしながら少しずつ成長していくというものでした。

正直な感想としてはくんちゃんに共感できずイマイチだったのですが、細田守監督の作品なので良い映画になることは間違いないと思います。

この本をどう面白くするのか楽しみです!

ちなみに…

ここまで読んでくださったそこのアナタ!

どうせネタバレ内容を知ってしまったのですから、映画の公開前に原作小説を読んではいかがですか?

小説を読んでから見れば映画の中で描ききれなかった心理描写なども分かりますし、原作との違いをチェックするのも楽しいですよ!

下のリンク先は送料無料なので、私はいつもここで注文しています。

どうせ同じ物が新品で届くなら安い方がいいですよね?

送料って意外とばかになりませんし…。

よかったらブックマークして他の本を買う時にも使ってみてください!

それでは、そろそろランプに戻ります!

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする