NHK紅白歌合戦2019番協・観覧の応募方法は?倍率やはがきの書き方も解説!

2019年も気がつくとあと3ヶ月。

あっという間に年末ですね…!

年末と言えば紅白歌合戦です。

このページを見つけたアナタは

  • 「今年の紅白は気合を入れてNHKホールで観覧したい!」
  • 「でもどうやって応募したらいいのか方法が分からない…」
  • 「そもそも当選の倍率ってどれくらいなの?」

そんな風に考えているのではないでしょうか。

お任せあれ!

その望み、叶えてみせましょう!

私も会場に行ってみたくて番協(観覧)の応募方法を調べたんです(笑)

その内容をまとめますね!

はがきの書き方がちょっと特殊なので、間違えないようにご注意です!

NHK紅白歌合戦2019番協・観覧の応募方法

紅白歌合戦の観覧(番協)の応募は郵便往復はがきで行います。

応募条件はNHK受信料を支払っていること。

2019年の締め切りは10月18日(金)必着なので気をつけましょう。

消印有効ではないので遅くとも3日前の15日(火)にはポストに投函したいところです!

次に、実際に応募する際のはがきの書き方を解説します。

ちょっと特殊なので間違えないよう気をつけてください。

番協・観覧に応募する際のはがきの書き方&注意事項

出典:https://pid.nhk.or.jp/event/sp/PPG0334505/index.html

宛先は

〒119-0362 NHK「紅白歌合戦」公開係

往信用表面に宛先を記入して裏面に自分の郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入します。

返信用表面に自分の郵便番号、住所、氏名、電話番号を記入します。

裏面は抽選結果が印刷されるので白紙のままでOKです。

はがきに紙・シールの貼り付け・修正液の使用があるものは応募が無効になるので気をつけましょう。

詳しくはNHKの公式サイトをチェックしてさい。

それにしても、落選しても通知を送ってくれるのですからメチャクチャ親切ですよね。

普通は「発送をもってお知らせします」とかですもん。

さて、投函したら後は当選するのを祈るだけ…なのですが、当選倍率ってどれくらいなのか気になりますよね。

という訳で調べてみました!

スポンサーリンク

NHK紅白歌合戦の番協・観覧の倍率

調べてみたら2018年の倍率はなんと815倍だったようです。

は、はっぴゃく…!

倍率が高すぎて訳が分かりません(笑)

当選枚数1331通に対して1,085,171通の応募があったとのこと。

ものすごい数字ですよね。

私が通っていた小学校が全校生徒600人ちょっとだったのですが、

全員で申込んでも誰も当たらないぐらいという事ですよね…。

応募枚数に制限がないのでなんとかしたい、絶対いきたいという人はできる限り枚数を書いて応募するといいかもしれません。

NHKの公式サイトによると当落の通知は12月上旬~中旬に順次投函予定とのことです!

まとめ

NHK紅白歌合戦2019番協・観覧の応募方法やはがきの書き方を解説しました!

観覧(番協)の応募には往復はがきが必要です。

2019年の締め切りは10月18日(金)必着となっています。

2018年の倍率は800倍をこえていて、神がかった運が必要となりそうです。

もしも当選したら一生の思い出になりますね♪

このページを見てくれたアナタがNHKホールで最高の年末を過ごせるようにお祈りしています!

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする