コナンスペシャル紅の修学旅行(鮮紅編)をネタバレ!映画との違いや原作何巻かも解説

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

1月は5日(土)・12日(土)と名探偵コナンが1時間スペシャルです!

新一と欄の恋模様もしっかり描いた「紅の修学旅行編」を2週に渡って放送します。

原作を読んでいない人の中には2017年に公開された映画「から紅の恋歌」とごっちゃになっている人もいるんじゃないでしょうか?

この記事では

  • 映画とスペシャルは何が違うのか知りたい!
  • 1月5日に放送された内容(ネタバレ)が知りたい!
  • 紅の修学旅行編が原作の何巻で読めるのか知りたい!

そんな願いを叶えます!

コナンスペシャル「紅の修学旅行編」と映画「から紅の恋歌」の違い

我が家は最初、夫婦そろって1時間スペシャルの「紅の修学旅行編」と映画「から紅の恋歌」を間違えていました(汗)

  • タイトルに「紅」が入っている事
  • 京都が舞台になっている事
  • 紅葉というキャラクターが登場する事

などいくつか共通点はあるものの、2つは全く別のお話です。

紅の修学旅行編では、コナンが高校の修学旅行に参加する為に萩原から薬をもらって新一の姿に戻ります。

新一として欄やクラスメイトと共に京都の修学旅行に参加し、宿泊先のホテルで事件に巻き込まれていきます。

一方、から紅の恋歌では百人一首がテーマとなっていました。

京都での小五郎の用事に同行したコナンと欄、少年探偵団。

服部や和葉と共に高校生の百人一首の大会を見学していると、連続爆破事件に巻き込まれてしまうのでした。

映画「から紅の恋歌」では服部と和葉の恋模様が描かれました。

対して2週連続スペシャルの「紅の修学旅行編」では新一と欄の恋愛にスポットが当てられます。

コナンスペシャル紅の修学旅行(鮮紅編)をネタバレ!

テレビで放送した内容をネタバレしちゃいます!

清水の舞台で女優と遭遇

萩原からもらった薬で新一の姿に戻り、高校の修学旅行に参加するコナン。

清水の舞台を観光していると女優の鞍知景子から声をかけられます。

彼女は新一の母親が女優をしていた頃の知り合いで、新一のオムツも変えたことがあるのだそう。

解いて欲しい暗号があると言い、宿泊先のホテルの自室に新一と欄を招待します。

宿泊先のホテルで女優の部屋へ

ホテルで鞍知の部屋に行くと、彼女は部屋の中でも帽子を被っていました。

週末に公開される映画「紅の修羅天狗」の撮影でタンコブを作ってしまったと言います。

部屋には

  • 紅の修羅天狗で主演を務めた井隼
  • 映画監督の馬山
  • 作曲家の阿賀田

も来ていました。

4人は同じ大学の出身で、暗号はもう1人の同級生である脚本家の西木が持っていると言います。

暗号解読中に事件発生

西木から渡された暗号には黒い四角形(■)を縦に2つ、横に2つ並べたマークと17個の漢字が記されていました。

届いた時には天狗が持つとされるヤツデの葉も同封されていたと言います。

四角形の意味について尋ねると、そのマークを使っていた出栗という知り合いは既にこの世を去ったので分からないと聞かされます。

鞍知たちと別れた新一たちが暗号の意味について考えていると、鞍知から西木の部屋に来て欲しいとメールが届きました。

部屋に着くと、

  • 床に散らかった映画の台本
  • 額にコブを作り息を引き取った西木
  • 血痕のついた天井
  • 窓の外まで続く天井についた足跡

という異様な光景が待っていました。

さらに、新しい暗号とヤツデの葉が落ちているのを発見します。

薬の効果が切れる新一

西木の部屋を検証していた新一は、薬の効果が切れることを感じ取り自室に戻ります。

しかし部屋は2人ずつの相部屋な上、別の男子生徒2人も遊びに来ていました。

寝るから声を掛けるなと言って布団に包まる新一。

そのままコナンの姿に戻ると、ベッドの下に潜ませていた服部平次と入れ替わります。

今度は服部が布団に包まり、コナンの蝶ネクタイ型変声期を使ってその場をやり過ごしました。

萩原からもらった薬を次に使うまで、8時間は空けないくてはならないという条件があるようです。

まさか同級生たちがいる横で堂々と(?)コナンの姿に戻るとは…!

これには驚きでした(笑)

二日目の朝、第二の事件が発生

翌朝、もう一度薬を飲んで新一の姿に戻ったところで鞍知から再びメールが届きます。

作曲家の阿賀田の部屋から

「助けて!!」

という声が聞こえたと言うのです。

服部も連れて駆けつけたところドアには鍵がかかっており、ホテルマンに開けてもらう事になりました。

中へ入ると、尻もちをついて怯えながら天井を見上げる阿賀田。

その額には2つのコブができています。

そして天井に足をつけて逆さまに立って阿賀田を見下ろす(見上げる?)天狗の姿がありました。

阿賀田がタバコの入った灰皿を投げつけると、天狗は一瞬で燃え上がって跡形もなく消えてしまうのでした。

作中の映画の内容

作中に登場する映画「紅の修羅天狗」はネットのネタバレを見たという新一によって内容が語られます。

江戸時代、夫の出世の為に黄金のヤツデの葉を取ってきた妻。

その翌日から京都に魔物が大量発生するようになってしまいました。

夫の元に現れた天狗はヤツデの葉を持って清水の舞台から飛び降りるように伝えます。

言われたとおりにすると夫は天狗となり、魔物に襲われていた妻を神通力で助けるのでした。

しかし天狗になった夫の姿は誰にも見えなくなっています。

声だけとなって

「天狗の花を持って夕暮れ時に清水の舞台へ来て欲しい」

と妻に伝え、夕日で赤く染まるなか再会を果たします。

なぜ夕方だったのかと問われた夫は

「魔物への怒りで赤くなった顔、返り血で赤くなった体を隠したかった」

と答えます。

妻に口づけをすると、夜の闇へと消えていくのでした…。

大量発生する天狗

修学旅行2日目の昼に

「暗号を考えた出栗について話すので来てほしい」

と呼び出される新一。

待ち合わせ場所の料亭に到着すると、木屋町通に天狗が出たと騒ぎになっています。

通りでは天狗のお面をつけた大勢の男が暴れまわっていました。

男たちを取り押さえると、ネットの募集に申し込んだのだと言います。

天狗のお面をつけて暴れまわれば前金で10万円、30分間誰にも捕まらなければ100万円もらえたという内容でした。

第三の事件が発生

料亭に戻ると店の前で俳優の井隼が息を引き取っていました。

またしても額にはコブがあり、その周りには天狗が神通力で壁を歩いたかのような不自然な足跡がありました。

1月5日のコナンスペシャルはここで終了です。

どのシーンだったか忘れてしまいましたが、欄の話によると清水の舞台で鞍知が

「待っててね、出栗くん」

と言って天狗の花の押し花を飛ばしていたそうです。

これはかなり重要なシーンとなりそうですね!

犯人や動機はなんとなく予想が着きますが、それよりも暗号の解き方や新一&欄の恋愛に進展があるのか気になります…!

続きは1月12日放送の恋紅編で描かれます!

スポンサーリンク

紅の修学旅行が収録されているのは原作何巻?

紅の修学旅行編、アニメのオリジナルストーリーかと思いきや原作漫画でも描かれた話でした!

となると、何巻に収録されているのか気になりますよね。

紅の修学旅行編は原作漫画の連載が1,000を超えた事を記念して描かれた話です。

1,000話~1,005話の6話に渡って連載されました。

単行本では最初の4話が94巻に、残りの2話が95巻に掲載されています。

music.jpという動画&漫画の配信サイトを使えば、2冊とも無料で読む事ができます。

本来は月額1,922円かかるところ、登録から30日間は無料のお試し期間なので料金が発生しません!

にも関わらず登録した瞬間にサイト内で使えるポイントを961円分も配布してくれます。

コナンの単行本は1冊453円なので、2冊ともポイントの中で読む事ができますね♪

さらに、漫画には使えないものの動画に使えるポイントも別途1,500円分配布されます。

こちらを使ってアニメのコナンを視聴することもできちゃいます!

注意点として、無料期間の30日間を過ぎると月額料金が発生します。

逆に言えば、期間内に解約すれば課金しない限りお金はかかりません…!

継続する気がなかったら解約を忘れないようにしましょうね。

music.jpを知らなかったという人はナイスタイミングです。

せっかくの機会なので漫画もアニメも目一杯楽しんでしまいましょう♪

下の画像をタップすると公式ページを見る事ができます。



まとめ

コナンスペシャル「紅の修学旅行(鮮紅編)」のネタバレや映画「から紅の恋歌」との違いについて紹介しました!

新一の姿で欄と行動を共にするのは見ていて新鮮というか、待ってた!!というか…とにかくメチャクチャ嬉しいです!(笑)

映画とは全然違うストーリーなので、もしも「映画は見たからいいや」と思って見逃した…なんていう人がいたら1月12日の放送分からでもチェックしてみてくださいね!

原作では何巻に当たるかと言うと、94巻と95巻に収録されています。

music.jpというサイトを利用すれば無料期間に配布されるポイントを使って2冊とも無料で読む事が可能です。

  • 漫画版でも読んでみたい!
  • 1月5日の放送を見逃したので追いつきたい!
  • 早く続きの内容(ネタバレ)を知りたい!

という方は是非そちらもチェックしてみてくださいね♪

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする