クリンスマンの監督としての実績は?契約金額がいくらになるかも調査!

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

さてさて、

日本代表監督の時期候補として、ユルゲン・クリンスマン監督の名前が挙がっていますね。

ハリル監督を直前で解任し、裁判にまでされている点から

「まともな外人監督はもう来てくれないだろうな」

と正直あきらめていました。

そんな中、日本代表監督へ興味を示しているクリンスマン監督とはどのような人物なのでしょう?

彼の監督としての実績が気になります。

また、クリンスマン監督の契約金額はいくらぐらいなのでしょうか?

スポンサーリンク

クリンスマンってどんな人?監督としての実績を調査!

クリンスマン監督は強烈なストライカーとして華やかな実績を残しました。

(選手時代についての記事はこちら→クリンスマン監督の選手時代のプレースタイルは?特徴の分かる動画を集めてみた!)

引退後は

2004~2006年 ドイツ代表

2008~2009年 バイエルン・ミュンヘン

2011~2016年 アメリカ代表

と監督を務めています。

この間に残した実績は

  • 2006年 FIFAワールドカップ ドイツ大会 3位
  • 2013年 CONCACAFゴールドカップ 優勝
  • 2014年 FIFAワールドカップ ブラジル大会 決勝トーナメント進出

となっています。

ドイツの代表監督時代は若手選手を積極的に起用したものの負けが続き、結果を出すまでの間はかなり批判を受けていました。

バイエルン・ミュンヘン時代も大胆にチームを改革したものの負けが多く、監督を解任されました。

この間に残した実績はありません。

アメリカ代表時代も新たなメンバーを積極的に起用し、チームの改革を行っています。

かなり大胆な改革を起こす人物だということが分かりますね。

若手の育成にも積極的なので、本田や長谷部が代表引退を発表したこのタイミングにはマッチしていると思います。

ちなみに、2014年のアメリカ代表は決勝トーナメント1回戦でベルギーに負けて敗退しています。

これは…!

日本と同じ悔しさを味わっており、つい親近感を覚えてしまいますね!

スポンサーリンク

クリンスマン監督の契約金額はいくら?

気になるクリンスマン監督の契約金額ですが、一部の報道によると

日本協会は年俸200万ユーロ(約2億6000万円)を提示、本人も就任に前向きだという。また、2年で契約を見直す。

出典:https://www.chunichi.co.jp/article/worldcup/russia2018/news/CK2018070602000205.html

と発表されています。

他国の代表監督の契約金額はいくらかと思って調べてみると、ワールドカップのロシア大会で一番高いのはドイツのヨアヒム・レーヴ監督でした。

年俸は約4億8000万円ということです。

以下は

ブラジル、フランス 約4億4300万円

スペイン 約3億8200万円

ロシア 約3億2000万円

ポルトガル 約2億8000万円

と見られており、今回日本が提示した金額は世界でも7番目となりそうです。

まとめ

クリンマンの監督としての実績を調べてみたところ、

  • 2006年 FIFAワールドカップ ドイツ大会 3位(ドイツ代表監督時代)
  • 2013年 CONCACAFゴールドカップ 優勝 (アメリカ代表監督時代)
  • 2014年 FIFAワールドカップ ブラジル大会 決勝トーナメント進出(アメリカ代表監督時代)

という成績を残している事が分かりました。

また、契約金額は2億6000万円と見られています。

ロシアW杯出場国の監督の年俸を参考にすると、世界でも7番目の金額となりました。

クリンスマン監督の実績に

2022年 FIFAワールドカップ 優勝

という文字が増えると素晴らしいですよね!

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] クリンスマンの監督としての実績は?契約金額がいくらになるかも調査! […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。