金元寿子が海外留学する理由は何?留学先はどこ?代役がどうなるかも予想!

こんにちは!

休日に出て欲しいという会社の願いを叶えました。

働き者のランプのセイです。

さて、

ニュースを見ていると声優の金元寿子さんが海外留学の為に一時休業すると報じられていました。

なんと…!!

私は白猫プロジェクトというスマホゲームで彼女澄んだ声を聞き、ファンになってしまいました。

しばらくお声が聞けないのは寂しいですが、2019年3月には復帰するということなので少しの辛抱ですね。

ところで、

ニュースを見て気になったのですが売れっ子声優の金元寿子さんが休業してまで海外留学する理由はなんなのでしょうか?

そして行き先はどこなのでしょう?

休業中の代役はどうなるのかも考えてみます!

関連記事はこちらをタップ↓(新しいタブで開いて後でお読みください!)

金元寿子の休業理由は出産の為?妊娠したのではとネットで話題!海外留学は嘘?

スポンサーリンク

金元寿子が海外留学する理由は何?

金元寿子さんが海外留学をする理由は一体なんなのでしょう?

声優ということで声を使うお仕事ですから…

  • 海外留学して英語の発音をよくしたい
  • 吹き替えの仕事をするにあたり、現地の方の生活や文化を理解したい
  • 海外での仕事を探したい

などは理由として思いつきます。

海外留学の理由を調べるためにいくつかのニュースを見ていると、金元寿子さんが公式ブログで発表しているという情報を見つけました。

早速覗いてみると、視野を広げる為に以前から海外留学に興味を持っていたとのことです。

金元寿子さんが新人賞をとったのは2010年の事でした。

侵略!イカ娘やソ・ラ・ノ・ヲ・トでブレイクし、その後も多数のアニメやゲームに出演してきました。

ここからは個人的な予想でしかないのですが、

声優の専門学校に入学したり、初めて仕事をもらったり、舞台あいさつをしたり、ライブをしたり…

そういった「新しい体験」というものが、少なくなってしまった事が海外留学の理由ではないでしょうか。

金元寿子さんはデビューしてすぐブレイクしたので、新しい体験の嵐だったはずです。

その頃と比べると現在の生活に物足りなさというか、新しい挑戦を求めるのは自然な事に思えます。

そういった新しい挑戦やご自身の成長というものが、海外留学ということなのだと予想します。

たくさんの仕事をこなして自信もついて、

「まだまだエネルギーがあるぞ!もっと新しいことをしたいぞ!」

ということであれば、その気持はよく分かります。

私も金元寿子さんと1つしか歳が違わない元演劇人ですので(笑

そういえば、昔少しだけですが声の仕事もさせて頂きました。

懐かしいです…!

スポンサーリンク

金元寿子の留学先はどこ?

ニュースサイトや公式ブログ、SNSの情報をかなり調べてみたのですが、留学先に関する記述は見つかりませんでした。

声優という仕事の糧にするのであれば、英語圏だとは思うのですが…。

英語圏で人気の留学先といえば

  • アメリカ
  • カナダ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • イギリス

などがあります。

続報が入り次第追記したいと思います。

金元寿子が海外留学している間の代役はどうなる?

金元寿子さんが出演している作品といえば

  • 食戟のソーマ
  • 英雄伝説 閃の軌跡シリーズ
  • バンドリ!ガールズバンドパーティ!

などが有名ですね。

食戟のソーマに関してはもともと種田梨沙さんが休業した後に代役で入ったので、元に戻るのかなと思います。

英雄伝説は9月27日発売予定なので既に収録が済んでいそうです。

バンドリ!をはじめとしたスマホゲームについては随時代役が立てられるのでしょうね。

調べてみましたが今のところ具体的な代役の名前は出ていませんでした。

ネット上で金元寿子さんと声質が似ていると言われているのは

  • 花澤香菜さん
  • 伊藤かな恵さん

です。

金元寿子さんが代役を務めた種田梨沙さんも含め、彼女たちが代役を務める可能性もありそうです。

まとめ

金元寿子が海外留学する理由は何?留学先はどこ?

ということで、代役がどうなるかも考えてみました。

留学の理由としてはご自身の成長の為、ということのようでした。

留学先は公表されていませんが、英語圏ではないかと予想します。

代役は随時公開されていくと思いますが、声質が似ていると言われているのは花澤香菜さんや伊藤かな恵さんですね。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。