元K1選手のKOICHIさんってどんな方?選手としての経歴や事故の原因を調査

こんにちは!

「二次会の司会をしてほしい」

という友人の願いを叶えるため、クリーニングに出していたスーツを回収してきました。

働き者のランプのセイです。

さてさて、

ヤフーのトップニュースに

「元K1選手のKOICHIさんが事故死」

という記事が出ていました。

KOICHIさんってどんな選手だったのでしょうか。

選手としての経歴や、交通事故の原因は?

ということで、気になったので調べてみました。

スポンサーリンク

元K1選手KOICHI(渡辺浩一さん)の経歴

元K1選手のKOICHIさんとはどのような経歴の持ち主なのでしょうか。

選手名鑑を見てみました。

本名、渡邉浩一。K-1に憧れて格闘家の道を志して新潟から上京。元K-1ファイターのニコラス・ぺタスに弟子入りし、コウイチ・ぺタスの名で2005年にプロデビュー。日本人ヘビー級ファイターとしてトップ戦線で活躍し、初代M-1ヘビー級、初代WPMF日本ヘビー級チャンピオンに輝く。2016年9月から「K-1 WORLD GP」に参戦。ラストファイトは2017年11月23日、さいたまスーパーアリーナ「初代ヘビー級王座決定トーナメント」のイブラヒム・エル・ボウニ(モロッコ)戦。

出典:https://www.k-1.co.jp/k-1wgp/fighter/707/

すごいです…!

K1でヘビー級のタイトルを2つも取っています。

格闘技でヘビー級というと非常に重たい攻撃の飛んでくる、過酷なイメージです。

そんな中、KOICHIさんの戦績は43戦31勝11敗1分け。

すばらしい経歴じゃないですか?

とても危険な競技をそれだけ戦ってきた猛者です。

一般人と比べて非常に強い肉体だったことは言うまでもありません。

KOICHIさんはK1選手を引退し、キックボクシングトレーナーとして指導を行っていました。

現役時代ほどではないにしろ、ある程度体は鍛えていたはずです。

というか、引退したのも去年の暮れなのでそこまで衰えてもいないでしょう。

そんな方が亡くなってしまうというのはどれほどの事故だったのでしょうか…?

スポンサーリンク

KOICHI(渡辺浩一さん)の事故の原因

ニュースによると、KOICHIさんは三車線の道路を直進中に侵入してきたワゴン車と衝突したとのことです。

ちなみに、KOICHIさんはバイクだったとのことですね。

追突された、という情報は見られなかったのでワゴン車が前方に割り込んできたのでしょう。

そこへバイクに乗ったKOICHIさんが追突した、ということではないでしょうか。

それ以上の詳細は発表されていませんが、分かり次第追記していきたいと思います。

まとめ

元K1選手のKOICHIさんってどんな方?

ということで、選手としての経歴や事故の原因を調べてみました。

ヘビー級で2つもタイトルを取っているすごくタフな方でしたね。

そんな方が亡くなってしまうなんて、やはり交通事故は怖いと思います。

私は仕事で毎日2時間くらい高速に乗るので、改めて気が引き締まるニュースでした。

KOICHIさんのご冥福をお祈りします。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。