JR東日本の労働組合で脱退者が相次いだのは何故?理由を簡単に説明!

こんばんは!

0時を回ってしまいました。

明日はお休みのランプのセイです。

さてさて、

お休みと言えば、

「ストライキするぞ~!」

と言っていたJR東日本の労働組合から脱退者が続出し、過半数を超えたとニュースになっていました。

1万4千人が脱退したとのことです。

一体なぜ??

ということで、その原因を簡単に説明してみます。

スポンサーリンク

JR東日本の労働組合で脱退者が相次いだ2つの理由

JR東日本の労働組合で過半数が脱退してしまった理由はなんだったのでしょう。

私なりに調べてみたのですが、

先日のストライキ宣言が原因のようですね。

今年の2月にJR東日本の労働組合がベア(給料アップ)を求めてストライキをちらつかせました。

ではなぜストライキ宣言で脱退者が相次いだのでしょうか。

  • 労組が過去の黒歴史を繰り返そうとした
  • 労組が労使共同宣言を無視した

この辺りが理由のようです。

もう少し詳しくお話します。

ストライキで労組脱退者が相次いだ①過去の歴史

調べてみると、ストライキがよくなかった理由は過去の歴史にありそうです。

JRって今でこそ民営化してますが、昔は国が運営する国鉄だったんですよね。

その国鉄を民営化する際、反発した国鉄の労働組合がストライキやサボタージュをして国民の信用を失っているんです。

「せっかく積み上げた信用をまた失うつもりか」

ということで、組合員の反発を買ったようです。

ストライキで労組脱退者が相次いだ②労使共同宣言

JR東日本は

「信頼の基盤が失われた」

「労使共同宣言失効」

と言っています。

なんのこっちゃ??と思って調べてみました。

すると、労使共同宣言というのは

「ストライキは行わず、平和的に解決しようね」

というJR東日本と労働組合のお約束だったようです。

おそらく①でお話した過去の背景があるのでしょう。

ルール違反をしたのは労働組合の方だったので、多くの社員が会社側についたようですね。

スポンサーリンク

ストライキはただのキッカケ?もともと貯まっていた不満

大量脱退の原因はストライキですが、もともと組合を抜けたかった人間も多いようです。

ネットには以下のような書き込みもありました。

501: 名無しでGO! (ワッチョイWW 1be3-vhjm [111.101.188.17]) 2018/02/20(火) 21:01:47.21 ID:QvAeQFnH0
>>500
だよな。これまでの様々な関係ない活動のウンザリの結果が今になって大量脱退に繋がっているって解らないのかね。

503: 名無しでGO! (ササクッテロル Sp5d-5sUI [126.233.209.122]) 2018/02/20(火) 21:02:46.36 ID:P2+MGkVNp
>>500 そうだよな同期とかでその催し物楽しみ!なんて一人もいないぞあー行きたくねえしか聞かないんだけどよくよく考えると頭おかしいよな9割いやがってる催し物開催するとか

引用元:https://kameburo.blog.jp/archives/7536519.html

興味のない催し物に出席させられ、うんざりしている方が多かったようです。

そのうえ毎月のお給料から組合費を引かれるのですからたまったものではありません。

ただ、こういうのってなかなか一人では脱退し辛いですよね。

私も会社で所属している会がありますが、毎月お給料から2,000円引かれています。

部の飲み会に使われるのですが、正直あんまり出たくないです。

そのような状態で会社と会が対立したら私も絶対抜けますね。

まとめ

JR東日本の労働組合で脱退者が相次いだのは何故?

ということで、理由を簡単に説明してみました。

ルールを無視し、過去の失敗を繰り返そうとしている労働組合に愛想が尽きたわけですね。

因果応報のような気がします。

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。