アイアンマンディスタンスとは?競技内容や難易度と世界記録・日本でのレース開催に注目!

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

2018年は24時間テレビでみやぞんさんが挑戦するということで、トライアスロンへの注目が高まっていますね。

番組では世界一過酷だと言われるアイアンマンディスタンス以上の距離を走る事になりそうですが、

そもそもアイアンマンディスタンスの競技内容ってどのようなものなのでしょう?

2015年にはホリエモンも挑戦していましたが競技の難易度や世界記録ってどのくらいなんでしょうね?

その時はコペンハーゲンのレースに参加していましたが、日本でのレース開催はないのでしょうか。

ということで、

アイアンマンディスタンスの

  • 競技内容
  • 難易度
  • 世界記録
  • 日本での開催

について調べてみました!

スポンサーリンク

アイアンマンディスタンスの競技内容は?

アイアンマンディスタンスの競技内容の前に、まずトライアスロンについて簡単にご説明します。

「トライ」というのはギリシャ語で数字の3を意味しており、「アスロン」というのは競技という意味です。

3種の競技…つまり、水泳・自転車・マラソンを行う競技を一般的にトライアスロンと呼んでいます。

このトライアスロンですが、距離によって呼び方が変わります。

【スプリント】

スイム0.75km バイク20km ラン5km 合計25.75km

【オリンピック】

スイム1.5km バイク40km ラン10km 合計51.5km

【ロング】

スイム4km バイク120km ラン30km 合計154km

となっており、私達が単純にトライアスロンと呼ぶ場合の競技内容はオリンピック・ディスタンスを指す事がほとんどです。

では、アイアンマンディスタンスはロングの事なの?

と思いきや、さらに上がありました!

【アイアンマン】

スイム3.8km バイク180.2km ラン42.2km 合計226.2km

ということで、ダントツで長い距離を走るんですね。

スイム3.8kmって子供の頃に泳いた学校のプールに換算すると…

3800m÷25m=152本

152本÷2=76往復

76往復!!??

私、これだけでリタイアしそうです(笑)

さらにその後にロードバイクで180km(これも相当キツイですよ!!)、最後に42kmのフルマラソン…。

競技内容のうちどれか1つだけでも大変過酷です。

それを3つ連続で行うなんて…!

まさしく、世界一過酷と言われるのに相応しい競技内容です。

ちなみに、

みやぞんさんが走る24時間マラソンは

「スイム10km バイク100km ラン100kmぐらいになるのではないか」

と予想する日テレ関係者もいました。

その場合のスイムは学校のプール200往復分になるわけですが…。

いやいや、さすがに無理じゃないですか?

みやぞんさんは

「泳いでる途中で『ス~ッ』と息を吸うのが大変」

なんていうコメントをするぐらい水泳は経験がないようです。

う~ん、書いていて不安になってきました…。

本当に大丈夫でしょうか?

スポンサーリンク

他の競技と比べたアイアンマンディスタンスの難易度

アイアンマンディスタンスは競技内容を見ても分かる通り、完走するだけでもとんでもない難易度です。

ですが、

実際に走った方の手記を見ていると競技内容の説明からでは伝わってこない壮絶さがありました。

まず、一番最初に挑戦するスイム。

こちらはスタート地点に参加者が密集した状態から始まるので、前を泳ぐ選手に顔を蹴られたり隣の選手に叩かれたりという事がざらにあります。

そういった事から「バトル」という呼び方をしていました。

また、楽にバイクを漕いでいるつもりが想像以上に体力を使っている…という事もあります。

心拍数などにも絶えず気を配って客観的に自分の体を分析する技術も必要です。

さらに、競技は8時間以上に及ぶ事から体に負担をかける時間も絶大です。

消費エネルギーが凄まじいのに内蔵が弱って食事を受け付けなく人もいます。

そういった点から1周間以上前から整腸剤を飲んで内蔵を整えるという方までいらっしゃいました。

体力があるとか、ちょっとトレーニングしたとかで完走できるものではありません。

これらを考えると、アイアンマンディスタンスは世界一過酷と呼ばれるのに相応しい難易度だと言えますね。

2018年の24時間マラソンではみやぞんさんが一人で走る為、スイムにおけるバトルはありません。

ただ、バイク走行中のペース管理はちょっと不安ですね…。

みやぞんさんというと本気で見当違いの間違いをしているシーンもよく見ます。

(そこが愛嬌があって面白いんですけどね!)

前半に飛ばしすぎて後半でバテちゃう図を想像してしまうのは私だけでしょうか?

24時間テレビのコースは国道メインでほぼ一直線のコースになることが多いです。

緩やかな下りが続くようなコースを選んであげて欲しいと思います。

ペース管理以上に心配なのは競技時間です。

猛暑の中24時間近い時間をかけると思うと、整腸剤以上の準備が必要でしょう。

ペース管理や体調管理など、この辺りはスタッフやトレーナーの手腕に期待ですね。

アイアンマンディスタンスの世界記録

アイアンマンディスタンスって完走するのにどれくらいの時間がかかるのでしょう?

制限時間を越えてしまうと失敗扱いとなり、完走させてもらうことができません。

その制限時間はレースによって違っており、15時間前後の事が多かったです。

ちなみに、2015年にホリエモンが挑んだ際のタイムは14時間20分でした。

私達一般人がトレーニングを積んで仮にクリアできたとしても大体同じくらいのタイムになりそうですよね。

(まず完走できる気がしないので、ホリエモンは本当にすごいと思います!)

では、世界記録はどれくらいなのかと思って調べてみたところ、なんと

7時間40分23秒

でした。

半分…!!

私たち代表(?)のホリエモンの半分のタイムです…!

こちらは2017年にブラジルで行われたアイアンマン南米選手権でティム・ドンというイギリスの選手が作った記録です。

世界選手権の優勝者でも8時間ぐらいなので7時間40分は本当にぶっ飛んだタイムですね。

まさしく世界記録です…!

冒頭でお話した24時間マラソンの

「スイム10km バイク100km ラン100km」

という予想はタイムも関係していると思います。

単純にアイアンマンディスタンスと同じ距離にした場合、ホリエモンと同じくらいのペースで考えると尺が10時間もあまっちゃいますから…。

逆にみやぞんさんがアイアンマンディスタンスでどれくらいの記録を出すのかも見たいですけどね!

スポンサーリンク

日本での開催はある?

過酷な競技内容のアイアンマンディスタンスですが、日本でのレース開催はあるのでしょうか?

探してみると、日本で開催されたレースをいくつか発見しました。

以下がそのレースの名称です。

  • アイアンマンジャパン北海道(洞爺湖)
  • アイアンマン・ジャパントライアスロン五島長崎
  • アイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパン

しかし、

アイアンマン・ジャパントライアスロン五島長崎に関しては伝染病の発生をきっかけに開催が中止となったままです。

さらにアイアンマンジャパン北海道もバイクコースを確保できないという理由で開催を中止し、今も再開はしていません。

そうなると、実質参加できるのはアイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパンだけですね。

こちらは毎年6月に開催されています。

次は2019年6月ですから、興味のある方は今から体を作っておきましょう!!

…ただ、出場するには結構な参加費がかかります。

申込みの時期にもよりますが、5万円前後の参加費を支払う必要があるんです。

ちょっと試しに…で出る気にはなれないですね^^;

まとめ

アイアンマンディスタンスとは?

ということで、競技内容や難易度と世界記録・日本でのレース開催についても調べてみました!

競技内容はスイム3.8km、バイク180.2km、ラン42.2km、合計226.2kmという非常に長いコースを走るレースです。

スイムでの揉み合いによる怪我もあり、長時間体に負荷をかけ続けるので整腸剤を飲んで内蔵を整えるほど過酷で難易度が高いです。

世界記録は7時間40分23秒で、トレーニングした一般人(ホリエモン)の記録が14時間20分だったのでほぼ倍のペースですね!

2018年24時間テレビでアイアンマンディスタンスをやるとかなり時間が余るので、コースはさらに過酷なものになりそうです。

みやぞんさんは水泳が苦手なようなので、自転車やマラソンに分散されると良いのですが…。

日本でもいくつかアイアンマンディスタンスのレースが開催されていましたが、2018年現在は

アイアンマン70.3セントレア知多・常滑ジャパンのみ

のようです。

出場には5万円かかるので、体とお金を作っておいてくださいね!

…というか、本当にこれ以上の距離を24時間テレビのマラソンで走るのでしょうか?

非常に心配になってきました!

真夏の猛暑の中ですし、本当に気をつけて欲しいです。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。