スポンサーリンク



百錬の覇王と聖約の戦乙女2期はいつ?原作ストックや円盤の売上から可能性と時期を考察!

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

さてさて、

アニメ「百錬の覇王と聖約の戦乙女」が最終回を迎えます。

今流行りの異世界転生物で、ハマっているアニメファンも多いですね。

そんな百錬の覇王と聖約の戦乙女ですが、果たして2期はあるのでしょうか?

あるなら放送時期はいつ頃なのでしょう?

原作ストックや円盤の売上から予想してみます!

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」2期の為の原作ストック

まずは「百錬の覇王と聖約の戦乙女」の原作ストックが何巻まで出ているのかを調べてみました。

原作ストックがなかったらいくら人気が出ても2期を作るのが難しいですもんね^^;

百錬の覇王はライトノベルが原作のアニメです。

原作小説は現在16巻まで出ていました。

ではアニメ化をするに当たり、何巻まで消費したかというと…

この記事を書いている段階ではまだ最終回を迎えていませんが、

おそらくアニメ1期では原作小説6巻までを描くのではないかと思います。

1クールで小説6冊って結構詰め込みましたよね(汗)

Twitterを見ていても

「ハイペース過ぎてついていけない」

なんていう声も見られたほどです。

ただ、それだけハイペースで飛ばしてもまだストックは10冊分あります。

しかも原作小説は多い年で年間4冊発売されており、こちらもかなりハイペースです。

2期制作の為の原作ストックは十分にあると言えるでしょう。

2期制作決定の為に必要な円盤売上

一般的にアニメの2期があるかどうかの分岐点は円盤(ブルーレイ&DVD)の売上が平均5,000枚あるかだと言われています。

少ないものでは3,000枚で2期を作成した例もあるらしいですが、普通は最低5,000枚、1万枚あればほぼ確実だそうです。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」の円盤は2018年9月19日発売です。

…おお!この記事を書いているのが9月17日なのでもうすぐです!

ただ、申し訳ないんですが円盤はあまり売れなさそうだなぁと感じています。

というのも、

人気のあるアニメだとTwitterで「タイトル 円盤」と検索した時に

  • 円盤欲しい!
  • 円盤予約した!
  • 円盤買おうか迷う~!

みたいなツイートが多いんですよ。

でも百錬の覇王はそういった書き込みがない上、検索結果も簡単にスクロールしきってしまう…つまり、ツイート自体少なくて盛り上がっていない印象です。

もしもディレクターズカット版でテレビでは見えなかったものが写っていればまだワンチャンあるかも…?

あとは初回封入特典ですよね!

↓をクリックして内容を確認してみてください。

スポンサーリンク

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」2期の可能性と放送時期

ここまで「百錬の覇王と聖約の戦乙女」の原作ストック&円盤売上についてチェックしました。

原作ストックはいいとして、問題は円盤売上ですね…。

SNSやネットの書き込みを見ていると売上的に2期は厳しいんじゃないかと感じています。

作画崩壊が話題になっていましたから、円盤でちゃんと修正されればファンは買うかもしれませんけどね。

↑の画像はこの次のコマで盾が壊れて一番右の人みたいになります。

順番がおかしいです…!

しかも矢は先端に矢じりがついておらず、ただの棒でした(笑)

作画崩壊が起きているということは人手が足りていない証拠です。

円盤の為の修正でも手が取られますから、すぐに2期に向けて動くのは難しそうですね。

アニメで原作6巻まで描くと分割2クールでもいいほど気になる終わり方をするので、1期だけで終わるとしたらすごくもったいないです…。

まとめ

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」2期はいつ?ということで、原作ストックや人気から可能性や時期について考えてみました。

原作ストックは問題ないのですが、残念ながら円盤の売上が伸びなくて2期制作とはいかない気がしています…。

もちろん、まだ発売日を迎えていないので確定ではありませんけどね!

今回は作画崩壊も起きており、円盤を発売するに当たっての修正作業も必用です。

もし2期をやるとしても発表まで1年以上は間が空くと予想します。

早く続きを知りたい!という方はU-NEXTやmusic.jpというサイトを使ってみてください。

動画や漫画を提供しているサイトですが、初月の無料期間中に解約すればお金がかかりません。

無料期間中でもポイントを配布してくれますから原作小説や漫画がタダで読めちゃいますよ♪

→U-NEXTから「百錬の覇王」原作小説orコミックを無料で読む!

→music.jpから「百錬の覇王」原作小説orコミックを無料で読む!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする