スポンサーリンク



【国民祭典】嵐の奉祝曲のMP3ダウンロード方法や配信日は?曲名や歌詞の意味も調査

2019年11月9日に開催される国民祭典。

第2部の祝賀祭典では国民的人気アーティストの嵐が奉祝曲を披露します。

「水」をテーマにしたこの曲は

作曲:菅野よう子

作詞:岡田恵和

ピアノ演奏:辻井伸行

…とかなり豪華な顔ぶれになっていて、

「この記念すべき曲のMP3データが欲しい!」

と感じる人も多いと思います。

2019年10月5日現在、国民祭典で嵐が歌う奉祝曲についての具体的な情報はありません。

このページでは、今後発表されるにつれて

  • MP3データのダウンロード方法
  • 配信日はいつからなのか
  • 奉祝曲の曲名
  • 歌詞に込められた意味

を紹介していきます!

↓MP3データならmusic.jpの無料おためし期間にダウンロードするのがオススメ!



国民祭典で嵐の歌う奉祝曲のMP3!ダウンロード方法と配信日

MP3データのダウンロード方法

国内でMP3データの配信サイトと言えば

  • レコチョク
  • iTunes Store
  • mora
  • amazon music
  • music.jp

が有名です。

ただし、

国民祭典で嵐が歌う奉祝曲は2019年10月3日現在まだ配信されていません。

MP3データの配信が始まったら各サイトの配信状況をチェックして追記していきますね!

上記5サイトの中で私が使っているのはmusic.jpで、初回登録時に961円分のポイントが貰えます。

しかも初回登録から30日間は無料のお試し期間となっていているんです…!

簡単に言うと、

無料期間内に解約すれば961円分までタダでMP3データが手に入る

という事です。

さらに、映画・ドラマ・アニメなどの映像コンテンツに使える動画専用ポイントも別途1,500円分貰えちゃいます。

合わせて最大2,461円分の買い物が無料でできてしまうということ…!

「まだ使った事がない」

という人はそのままだともったいないので是非試してみてくださいね。

→music.jpの無料ポイントでお得に買い物をする!

配信日はいつから?

2019年10月3日現在、配信日も未定なので分かり次第追記していきます。

個人的な予想としては11月9日の国民祭典で披露した後になるのではないかと考えています。

お祝いの為に作った曲なのに、他の場で初披露となって注目を浴びるのも変かなと思うので^^;

過去の例を見ても、

天皇陛下の御即位20周年をお祝いする国民祭典でEXILEが披露した奉祝曲「太陽の国」は2010年5月19日に発売されていました。

この時の国民祭典は2009年11月12日だった為、約半年後の発売でしたね。

ちょっと特殊だったのは

  • CDの収益は若手研究者に寄与
  • オリコンチャートには反映されない
  • TSUTAYA等でのレンタル禁止

という点です。

嵐の奉祝曲が発売になったとしても同様の措置が取られるのではないかと予想します。

スポンサーリンク

国民祭典の奉祝曲の曲名&歌詞の意味は?

2019年10月3日現在、曲名も未定となっている為わかり次第追記します。

歌詞はおそらく国民祭典で初披露となるのではないでしょうか。

普通に考えて、祝辞やお祝いの言葉を式の前に公開する事もありませんし^^;

参考までに…

EXILEの時は曲名を「太陽の国」とし、歌詞の中では

  • いつも見守ってくれている太陽
  • 悲しみを乗り越えての今
  • この国の暖かさや日常の幸せ

というような事が歌われました。

(※私個人の印象です)

今回の奉祝曲は「水」がテーマということですから、

豊かな自然の恵みや美しさを表現した歌詞になるのではないかな…と予想しています!

まとめ

国民祭典で披露される嵐の奉祝曲について、

  • MP3データのダウンロード方法や配信日
  • 奉祝曲の曲名や歌詞の意味

を過去の例を交えて紹介しました。

以前EXILEの奉祝曲は元々CD発売を予定していなかったものの、多数の強い要望があって半年後にCD発売となりました。

嵐も似たような形になるのではないでしょうか。

さらに、

天皇の御即位20周年をお祝いした奉祝曲「太陽の国」では

名前の通り、この国の温かさや太陽について描いた歌詞でした。

嵐の奉祝曲は「水」がテーマになっている為、

曲名も歌詞も日本の美しい水が関わってきそうですね。

どのような曲に仕上がるのか、11月9日が待ち遠しいです♪

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする