ギブソンが破産した理由!ティアックって何?今後はどうなるのかも予想!

おはようございます!

今日も朝から働き者のランプのセイです。

さてさて、

ニュースを見ているとギターの老舗会社であるギブソンが破産申請をしたようです。

少し前から経営が苦しいと聞いてはいましたが、一部の事業から撤退するなどの措置をとっていたので大丈夫だろうと思っていました。

…が!

大丈夫じゃなかった…。

ニュースの中では「ティアック」という言葉も出てきました。

ギブソン破産の理由を改めて振り返りつつ、ティアックやギブソンの今後についても調べてみました!

スポンサーリンク

ギブソンが破産した3つの理由!

ギブソンは何故破産してしまったのでしょうか?

「経営が苦しい」

と報じられていた過去のニュースでは

  • 嗜好の変化
  • 中国製品の台頭
  • 音響機器事業への参入→失敗

が挙げられていました。

もう少し詳しく考えてみます。

ギブソン破産の理由その1:嗜好の変化

嗜好の変化が理由にされていましたが、

ストラト派vsレスポール派

のきのこたけのこ戦争のようなこの争いについに終止符が打たれたということでしょうか。

すいません、実際私のエレキもストラトなんですよね…。

だって重いんだもん!!

見た目はレスポールの方が好きなんですけど…。

長時間練習することなどを考えるとどうしても軽い方に走ってしまいました…。

それにしても、

一昔前に「けいおん!」というアニメや漫画が大ヒットしました。

主人公の女の子がレスポールだったので人気が出たのではと思っていたのですが…

まぁ所詮、一部のアニメファンの中だけでしたね(笑

ギブソン破産の理由その2:中国製品の台頭

こちらは分かりやすいですね。

安価な中国製品には勝てなかったということでしょう。

牛丼しかり、家電量販店しかり…

業界の中でどこか1社でも薄利多売を売りにするところが出てくると、業界全体がとたんにブラックになります。

ギブソンもその影響を受けてしまったということでしょう。

実際、私が最初に買ったエレキギターも初心者セットで中国製でした。

なんかすいません…。

ギブソン破産の理由その3:新事業の失敗

ギブソンはフィリップスの音響機器部門を買収しました。

家電業界に参入しようとしたんですね。

それについて調べていると

「ナイキ」

という言葉がよく出てきました。

どういうことかと思ってさらに調べてみたんですが、スポーツ選手以外の一般人でもナイキの靴を買ったりしますよね。

そんな風に、ギターを弾かない人にもギブソンの製品を手にとって欲しかったそうです。

じゃあ家電を扱うようになればギタリスト以外の手にもギブソンの製品が渡るのでは?

と考えたんですね。

しかしこれについては

「お粗末な決断だった」

と社長自らが発言するほどの失敗だったようです。

スポンサーリンク

ティアックって何?

ティアックというのは音響機器メーカーの名前ですね。

ギブソンはフィリップスのONKYO以外にも色々と買収していたようです。

その買収費用がかさんだ上に収益は思ったより伸びなかったというのが今回の破産につながっています。

ギブソンは今後どうなる?

現在追記中です

まとめ

現在追記中です

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする