【ネタバレ有】コンフィデンスマンJP2話の嘘や伏線まとめと感想

こんばんは!

「ゴミを出してきてほしい」

「DVDを返してきてほしい」

という妻の願いを叶えてきました。

働き者のランプのセイです。

さてさて、

本日のコンフィデンスマンJPも面白かったですね!

今回も嘘だらけ、フェイクだらけの回でした(笑

見ながら思ったのですが、放送1回当たりの嘘の回数ってどれくらいなんでしょう?

というわけで、

ちょっとまとめてみようと思います!

スポンサーリンク

コンフィデンスマンJP2話の嘘や伏線まとめ

見ながら気がついた嘘を順番に書き出していきます!

  1. 寿司屋はロシアのマフィアを騙す為のフェイク
  2. 引退して足を洗う為のお金と言ったリチャードはヨットを買おうとしていた
  3. ダー子「寂しいよ…。でも恋人同士じゃん!」
  4. すずやの査定額が0円
  5. すずやの看板は残す→考えると言っただけ
  6. 従業員の面倒は見る→スキルが水準に達していれば
  7. ダー子が秘書を志望する動機は桜田社長に感銘を受けたから
  8. 7の動機は嘘で本当は日本の老舗旅館のスタイルが嫌だという嘘
  9. 水内先生が地元にカジノを出すという情報(ボクちゃんがネットに書き込み)
  10. ダー子が松山建設の娘のフリ
  11. リチャードが水内先生の懐刀というダー子の嘘
  12. ダー子がウグイス嬢をやっていた高校時代にリチャードに襲われたという作り話
  13. カジノは舞鶴の一部を埋め立てて作るというリチャードの嘘
  14. ダー子が提出した無人島のレポートは桜田社長の関心を無人島に向ける為
  15. ボクちゃんが無人島の所有者のフリ
  16. 島の評価額は2億5千万なのに1億8千万と言い、2億で買い取ろうとする桜田社長
  17. 大山ホテルからも無人島買い取りの話が来ているフリをして金額を5億円に引き上げさせる
  18. 正体がバレたボクちゃんに対しダー子が「そいつは詐欺師です!」と仲間ではないとの嘘
  19. ボクちゃんが会った小松タケオは偽物
  20. 桜田社長が雇っていた五十嵐はダー子の仲間だった
  21. ボクちゃんがすずやに行ったのはダー子による仕込みと暗示の結果
  22. ダー子はボクちゃんをからかうのが楽しいわけではないという嘘
  23. リチャードがボクちゃんに言った「足を洗えばいいと思っている」
  24. ボクちゃんがダー子たちに言った「金輪際会うことはない」

というわけで、私が気づいたのは24個でした!

スポンサーリンク

コンフィデンスマンJP2話の感想

嘘の数が実に24個ということで3分に1回は嘘が出ていることになりますね。

油断も隙もないです!

それにしても冒頭の寿司屋は雰囲気が違いすぎてリチャードだと気づくのに少し時間がかかりました。

私が今回1番騙されたのはこの小日向さんの演技でした!

また、五十嵐やその舎弟がダー子によって既に仕掛けられているというのも予想外でした。

簡単な嘘を見破って悦に浸っているとコロっと騙されてしまいますね。

なんだかボクちゃんに対してすごく共感するものがあります…!

まとめ

コンフィデンスマンJP2話の嘘や伏線まとめ

ということで、感想も交えて書いてみました。

すごい数の嘘が出てますね!

おそらく、1話なんて90分スペシャルだったのでもっとたくさん嘘があったのでしょう。

なんだか人間不審になってしまいそうです(笑

来週もどんな嘘が溢れているのか楽しみです!

それでは、最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。