コンフィデンスマン1話の内容とネタバレ感想!主題歌はOfficial髭男dism

こんばんは!

本日は子供の健診に行ってきたり、普段捨てれないゴミを大量に出しに行ったり、家族を少し遠くの公園に連れて行ったり…色々願いを叶えてきました!

働き者のランプのセイです。

さてさて、

やっときました!

コンフィデンスマンJPの放送日!

このドラマ、結構楽しみにしてたんですよー!

私と妻は大学時代に小舞台でお芝居をやっていたのですが、

「舞台の喜劇みたいで面白そうだね!」

と妻と2人で興味津々でした。

そんなコンフィデンスマンJP1話の内容とネタバレ感想を登場人物や主題歌情報も交えてお話します!

スポンサーリンク

コンフィデンスマンJP1話のネタバレ内容

前半の内容:ターゲットの設定と詐欺の準備

冒頭はダー子がお金について朗読するシーン。

「君にお金がないのはお金を愛さないからだ」

つづいて、

ボクちゃんがホストクラブのオーナーとカジノへ赴きます。

そこではダー子とリチャードがゲームのホストをしていました。

そこへ警視庁の捜査が入ります。

お金を取られまいと日本刀を振りかぶったダー子は拳銃で撃たれてしまいます。

が!

それはクラブのオーナーを騙すための演技だったのです。

3人は慌てて逃げていったオーナーの1億円をゲットしました。

ちなみに、

刑事役の男性はオーナーに1億円を騙し取られた過去を持つ社長。

オーナーからお金を奪い返したと喜んでいました。

しかし、そのオーナーも実はダー子達にハメられていたのです。

あっさり1億円のカバンの中身をすり替えられ、ダー子達に盗まれてしまいます。

1億円を持ち帰った3人は豪邸で打ち上げパーティーをしていました。

しかし、

ボクちゃんは足を洗うと言い出し、次の詐欺はダー子とリチャードの2人でけで行うことになりました。

次のターゲットは江口洋介が演じる赤星栄介。

表の顔は慈善事業を行う名士ですが、裏の顔は日本のヤクザのトップです。

貨物船の船長に扮したリチャードが接触すると、意識不明の重体を負わされてしまいます。

病院でリチャードに面会すると、

ボクちゃんは「仇を取ろう!」と仲間にもどってきます。

2人が選んだ作戦は、現金を海外に持ち逃げしたい赤星を空路でハメる方法。

その為に猛勉強し、ダー子は本物のスチュワーデスになります。

さすが、天才的な頭脳を持つとされるだけのことはありますね!

後半の内容:赤星を騙して20億円ゲット!

空港でボクちゃんと一騒動を起こしたダー子に、赤星はお酒を勧めながら内容を聞き出そうとします。

どうやらボクちゃんは航空会社社長の息子になりすましているようです。

ボクちゃんがダー子と組んで大金を海外に持ち出している事を知り、赤星が仲間になれと接触してきます。

赤星はテストとして、ダー子とボクちゃんがカバンをマニラまで届けることができるか確かめることにしました。

ボクちゃんは空港で警察に捕まってしまいますが、警察からの取り調べにも黙秘で通します。

しかしこれも、ボクちゃんが口を割らないかを確かめる為の赤星のテストだったのです。

テストに合格したダー子とボクちゃんに対し、赤星はトランクケース20個を運ぶよう指示します。

作戦当日、実行場所のいわき空港で国税庁だと名乗る偽物軍団が赤星のアタッシュケースを奪おうとします。

情報が漏れた事を理由に、2人を消すと決めた赤星。

そんな時、全員が乗っている飛行機に連続でバードストライクが起きます。

エンジンを2つともやられた飛行機は不時着することになってしまいます。

ダー子は飛行機の軽量化を理由に、お金の入ったアタッシュケースを全て窓から放り出しました。

パラシュートをつけて飛行機から飛び降り、アタッシュケースを追う赤星。

やっとの思いで見つけたアタッシュケースでしたが、中身はただの紙切れにすり替えられていました。

実は、空港も飛行機も全てダー子たちが作った架空のもの。

空港の従業員をはじめ飛行機の乗客・パイロットまで全てダー子たちが雇った仲間でした。

エンディングの内容:赤星を狙った理由と今回のオチ

エンディングでは

「なんであんなヤバイやつをターゲットにしたの?」

と聞かれます。

大好きな団子屋さんを赤星につぶされたことが理由のようです。

匿名で団子屋さんに援助を送り、無事に営業を再開することができるようになりました。

赤星から20億円をだまし取ったダー子たちでしたが、

空港偽装や飛行機のチャーター代、仲間たちの人件費等々を差し引くと小銭しか残っていませんでした。

残念!

コンフィデンスマンJP1話のネタバレ感想

食い気味で次々とシーンが入れ替わり、とてもテンポがいいイメージを受けました。

間のとり方も素晴らしいです。

キャラクターと役者さんのハマり具合も最高でしたね!

途中からダー子とボクちゃんの計画に上乗せして赤星オリジナルのフェイクも入り、何が本当で何が嘘か分からないというドキドキ感もありました!

でも、飛行機のアナウンスは

「あ、小日向さんだ!」

とすぐに分かりましたよー!

「お久しぶり!船長から転職したよ♪」

の一言には思わず笑ってしまいました。

それにしても、なんでご飯がしょぼいんでしょうね!

納豆ポテチとか、よっちゃんイカとかいちいち貧乏くさいですよね。

そのギャップがまた面白いのですが!

ダー子(長澤まさみ)

長澤まさみさんは色っぽさあり、カッコ良さあり、迫力あり、可愛らしさあり…と、色々な役をコロコロとこなしてすごいなぁと思いました。

「演技をしている演技」という非常に難しい役作りだと思うのですが、とてもお上手だったと思います。

微妙な表情の演技とか流石です。

和服で肩を出すシーンに鼻の下が伸びた男性も多いのでは!(笑

長澤まさみさんの振り切った演技を称賛する声も多いですね!

リチャード(小日向文世)

小日向さんは冒頭から和服でピリリとした演技でカッコ良かったです!

いかにも職人という感じで素敵ですね。

顔の傷は何なのでしょう…?

と思っていたら、打ち上げパーティーのシーン以降はなくなっていました。

任侠映画に出ていたという嘘に現実味を出す為だったのでしょうね。

素のシーンの柔和な演技とボサボサ頭は変装しているシーンとは別人のようでした。

さすが小日向さんですね!

これは私も思いました!

実はリチャードだけボロ儲けしている可能性がありますよね!

どちらなんでしょう?

気になります!

ボクちゃん(東出昌大)

東出昌大さんは気の弱い役、横柄なボンボンの役、どちらもすごくハマっていました!

チンピラっぽい歩き方とか再現率高いですね!

基本的に彼に同情しながら見ていたのですが、ビビリっぷりにイチイチ笑ってしまいます(笑

パンツ被りながらブチギレてるシーンはシュールでしたね(笑

赤星栄介(江口洋介)

江口洋介のピリピリした演技はやはりカッコいいですね!!

周りの雰囲気ごと変えてしまうような緊張感があります。

しかしそれが、ダー子やボクちゃんの掌の上で転がされているという点にシュールな面白さがありましたね!

たしかに、これで終わりじゃない感はありました。

最終回辺りで他のゲストさんと組んでリベンジに来るかも…!?

スポンサーリンク

主題歌はOfficial髭男dismの「ノーダウト」

https://twitter.com/802radiomasters/status/983240502798462977

主題歌を歌っているのはこんな人達ですー!

Official髭男dism、読み方はオフィシャルひげダンディズムです。

略してヒゲダンと呼ばれています。

歌詞は

自由に嫌ってくれて 別に構わない

Let me show 神様もハマるほどの大嘘を

誰もハリボテと知る由もない 完璧な lie & lie , lie & lie

そして少しの汗

Let me show 欲張りの その向こうを

と聞こえました。

違っていたら申し訳ないですが、ドラマの世界観にピッタリですね!

曲の雰囲気も明るめで軽快なのでマッチしていると思います。

コンフィデンスマンJPのテーマ曲であるノーダウトは

エスカパレードというアルバムの2曲目に収録されています。

私が見た中ではこのサイトが一番安かったです。

まとめ

コンフィデンスマン1話の内容とネタバレ感想!

ということで、主題歌を歌うOfficial髭男dismも交えてご紹介しました。

いやー面白かったです!

休み明けで憂鬱になりがちな月曜日ですが、今シーズンは楽しい曜日になりそうです。

来週のゲストは吉瀬美智子さんです!

それでは、

最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。