スポンサーリンク



ビゴライブをパソコンから配信する裏技!PCだと画面が大きくて文字も読みやすい

ビゴライブをパソコンから配信する方法。

公式サイトではアプリやツールなどの配布は行われていませんが、

スマホアプリのエミュレーターを使えば

パソコン上でビゴライブを起動して通常配信を行う事が可能です。

非公式な方法なので動作の保証はできませんが、

私が使った方法を解説するので興味のある人は自己責任でやってみてください!

セイ
セイ
大画面だとやはり快適だったぞ

ビゴライブをパソコンの大きい画面で配信したい!

先日、パソコンからビゴライブのゲーム配信をやった際に気になることがありました。

それは

「通常のライブ配信はパソコンからできないのかな?」

という事。

だってビゴライブの配信って基本はスマホからですよね…?

コメントとかもらっても画面が小さくて読みにくくないですか?

読もうとするとつい顔が近くなってドアップに…。

ナチュラルな美男&美人ならいいですけど、

私も含め

「ドアップはキツイな…」

と思う配信者さんだっているはず!(笑)

解決策としては

  1. 画面の大きいタブレット端末を使って配信する
  2. パソコンから配信する

の2つがあると思いますが、今回は

2.パソコンから配信する

を試みていきます!

公式にはパソコンからの配信方法は記載なし

パソコンからビゴライブの公式ページにアクセスすると、

ライブ配信の視聴はできるものの配信方法については記載がありません。

「お問い合わせ」から聞いてみようと思ったんですが

メニューの中でお問い合わせだけ画面が切り替わらないんですよね…。

ネットの書き込みなどを見ていると

「パソコンからは配信できない」

と言っている方もいました。

セイ
セイ
いや、エミュレーター使えばできるんじゃね?

と思ったので早速試すことに。

ちなみにエミュレーターとはこういうものです↓

特定のハードウェアやOS向けに開発されたソフトウェアを、本来の仕様とは異なる動作環境で擬似的に実行させるためのソフトウェアやハードウェアのこと。

出典:https://www.otsuka-shokai.co.jp/words/emulator.html

今回は

「パソコンでスマホアプリを動かすツール」

と思って頂ければOKです!

スポンサーリンク

エミュレーターを使ってパソコンから配信する裏技

「スマホのエミュレーターって何がいいんだろう?」

と思い

「スマホアプリ エミュレーター」

と検索すると、BlueStacks というソフトが目に入りました。

とりあえずソイツを試してみる事にします。

(スマホアプリのエミュレーターならなんでもいいです)

結論から言うと、問題なくパソコンから配信できます。

私はノートパソコンに付属しているカメラとマイクが勝手に使用されました。

顔が映っちゃったので慌てて手元にあったコーヒーでカメラを隠しました…!

別にネスカフェの社員じゃないです(笑)

繰り返しますが

スマホアプリのエミュレーターならなんでもいいです。

種類がありすぎるので全部解説するのは無理ですが、

とりあえず今回使った BlueStacks に関して

私が困った点を解説していきます。

BlueStacksでアプリをダウンロードする方法

BlueStacks でアプリをダウンロードする際は

アプリセンターを開きましょう。

画面の上の方にグーグルのプレイストアがあったので

そちらからアプリを入れようとしたところ

「ダウンロードを待機しています」

というメッセージが出たままで一向に進みませんでした。

アプリセンターからなら問題なくインストールできました。

BlueStacksの動作を軽くする設定

BlueStacks、私のパソコンではちょっと動作が重たかったです。

特に最初は大きな画面サイズに設定されていたので余計に…!

設定ボタンから画面のサイズを変えられるので、気になる方は小さめのサイズに変更してみましょう。

画面サイズやDPI(ドットの密度)を小さくするとちょっと動作が軽くなります。

デフォルトはタブレットモードになっていますが

スマホモードの方が画面が小さくて動作が早いです。

スポンサーリンク

エミュレーターでパソコンから配信するのは違法?

「エミュレーターを使うのって違法じゃないのかな?」

と思ってやる前に公式に問い合わせしようと思ったのですが

前述の通り「お問い合わせ」が機能していないので連絡が取れません(笑)

なので自分なりに調べてみました。

こちらのサイトの記事が非常に参考になりまして、

スマホアプリの開発をしている方がエミュレーターの違法性について書かれています。

簡単に言うとエミューレーター自体に違法性はありませんよ、と。

私が「エミュレーター=違法」と思っていたのは、

プレステなどのゲームソフトを違法ダウンロードしてエミュレーターで遊ぶ人がいたからなんですね。

ビゴライブは問題なさそうですが、

公式は動作の保証はしていないと思うのであくまで自己責任でお願いします。

まとめ:ビゴライブをパソコンで配信するならエミュレーターが必要

ビゴライブでパソコンから配信する方法を紹介しました!

公式ではパソコン配信用のソフトやツールは配布していませんが

スマホアプリのエミュレーターを使えばパソコンからの配信も可能でした。

やっぱり大きい画面の方が文字も読みやすいしいいですね~。

ただ、エミュレーターを入れた後に

「あれ、俺の場合10インチタブレット使えば画面デカイよね?」

と気づきショックでした(笑)

安いものなら2万ちょっとで入手できるので

お金に余裕のある人はこの機会に買ってみるのもアリだと思います。

私が使っているのは Huawei media pad m3 lite 10 というやつですが

コレなんかもコスパ良さそう↓

  • パソコンだとエミュレーターの動作が遅い!
  • タブレットにもちょっと興味がある

という人は検討してみましょう。

実際に使っている感想としては

  • 画面がデカイので漫画をアプリで読むのが超楽しくなった
  • 画面がデカイので家族と一緒に動画を見やすくなった
  • ゲームをする時に迫力あって楽しい
  • ネットサーフィンがスマホより見やすくて楽しい
  • 文字はスマホと比べると打ちづらい

という感じです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ありす より:

    こんにちは。
    全く同じ方法で試してみたのですが、
    ビゴライブの配信画面で、映像が上下反転してしまいます。
    なにか設定でうまくいく方法はありませんか?

    よろしくお願いいたします。

    • sei_ranpu より:

      こんにちは!
      コメントありがとうございます。

      色々試してみたのですが上手くいく方法が見つからず…お力になれずすみません。

      ・パソコン本体の設定で反映させられないか?→反転等の設定なし(windows10)
      ・パソコンのフリーソフトを使って反転させられないか?→ManyCamというソフトでそういう事ができますがビゴライブとうまく連携できず
      ・USB接続のカメラに切り替えられないか→配信画面に切り替えボタンはあるものの押しても反応せず
      ・ビゴライブの設定で変えられないか→上下反転の設定なし

      という感じです。

      もし設定でカメラを指定できるようなエミュレーターがあれば
      ManyCamを指定して映像を反転させたり
      USB接続のカメラを指定して向きを変えてみたり
      ということができると思います。

      ただ、私の方ではパソコンのスペックが低くて
      エミュレーターを起動するだけでもかなりの時間がかかるので
      発見できておりません。