阿炎政虎の四股名の由来や意味を調査!名付け親は錣山親方!

こんにちは!

先程は

「水素水生成器のカートリッジを交換して欲しい!」

という妻の願いを叶えました。

働き者のランプのセイです。

さてさて、

白鵬や鶴竜から金星をあげたとして、阿炎政虎(あびまさとら)関が話題です。

一度は幕下まで転落したものの、鶴竜関の付き人として修行を積んできました。

その後の復活劇に思わず目頭が熱くなっちゃいますよね!

そんなドラマや彼の人懐っこくてお茶目な性格に私もすっかりファンになってしまいました。

それにしても、

阿炎政虎という四股名、めちゃくちゃカッコイイですよね。

カッコよすぎて一度覚えたら忘れられません(笑)

一体、どのような意味が込められているのでしょうか?

阿炎政虎関の四股名の由来を調べてみました!

スポンサーリンク

阿炎政虎関の四股名の意味は?由来を調査!

阿炎政虎関の四股名について書いていないかと、まずはwikiを見てみました!

すると、

「阿修羅のように強く、燃えて戦う」

という意味が込められた四股名だということが分かりました。

なるほど!

阿炎の由来は阿修羅だったんですね!

ちなみに名付け親は師匠の錣山(しころやま)親方です。

ただ、由来は分かっても読み方はどうなんでしょう。

さらに調べてみたものの、炎という文字に「び」という読みはないようです。

なので漢字を先に決め、その後で読み方を当てたのでしょう。

ちなみにこの「アビ」という読みは師匠の錣山(しころやま)親方の愛称と同じ音です。

自分の名前をつけるところからも阿炎関にかけている期待の大きさが分かりますね!

もしや阿修羅が由来という話は後付けで、本当の由来は錣山親方だったりするのでしょうか?(笑)

スポンサーリンク

錣山親方の愛称の由来は?

阿炎関の四股名の由来は阿修羅でした。

加えて、師匠の錣山親方の愛称でもありますね。

では、この錣山親方は何故アビと呼ばれるようになったのでしょう?

今度はこちらの意味や由来が気になってしまいます(汗)

調べてみると、

まだ赤ん坊だった錣山親方を見た外人が「a baby」と言った事が由来です。

錣山親方のお兄さん達がまだ子供だった為「a baby」をアビと聞き間違えたとのことでした。

なるほど!

子供の頃のあだ名って本当にちょっとした事で決まってしまいますからね~^^;

私は高校の頃に「ラブ」というあだ名の友人がいましたが、テスト前に

「(テスト問題には)Loveが出るな、Loveが」

と言ったが為に高校3年間ラブと呼ばれ続けていました(笑)

まとめ

阿炎政虎の四股名の由来や意味を調査しました!

阿炎というのは阿修羅のように強く、燃えて戦うという意味でした。

また、アビという読みは名付け親の錣山親方の愛称と同じです。

錣山親方のアビは「a baby」を聞き間違えた事に由来していました。

政虎については調べてみても分からなかった為、意味や由来を見つけ次第追記していきます。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。