24時間テレビ2018マラソンコースの決め方は?過去最長の走行距離は何キロ?

こんにちは!

働き者のランプのセイです。

2018年も24時間テレビが放送されますね!

24時間テレビと言えば私はマラソンが一番最初に思い浮かびます。

ランナーの方が一生懸命走っている姿はついつい応援したくなってしまい、映像の中でも後をつけて走っている人の姿を目にします。

そこで気になったのですが、

24時間テレビのマラソンコースってどうやって決めているんでしょうね?

決め方が気になります。

決め方が分かれば2018年の走行距離が何キロかや、マラソンのコースも分かるかもしれません。

また、みやぞんさんは運動神経もよく体力もある事からかトライアスロンのコースになると発表されています。

でも体力のある方なら過去にもいましたよね。

彼らは何キロぐらい走ったのでしょうか?

過去の最長走行距離も調べてみました!

スポンサーリンク

24時間テレビ2018マラソンコースの決め方は?

コースの決め方:例年の共通点

マラソンコースの決め方なんですが、例年の共通点としては

  • 学校や工場がスタート地点
  • メインのコースは国道
  • 周回ではなく、一直線のコース

という事がありますね。

学校や工場がスタート地点の理由としては、スタッフや車両が集中しても迷惑をかけず広いスペースが確保できるからでしょう。

なので、

極端な事を言えば土日休みで広い施設ならどこでもよいと思います。

メインのコースが国道なのは、意外と多くの車両がついて回るので幅が広めの道が必要となります。

中継者や並走車両、サポート車にバイクが走るので最低でも2車線は必要ですね。

国道をコースに選んでも毎年渋滞が発生してしまっているので、道幅が細いコースに決める事はないでしょう。

また、グルグルと周回する27時間テレビと違い、24時間テレビではゴール地点までほぼ一直線のコースです。

以上3点が毎年共通しているので、2018年も原則はこの決め方に従ってコースが選ばれると思います。

コースの決め方:2018年の場合

2018年はトライアスロンなのでいつもとちょっと勝手が違いますね。

どこをどの競技で何キロぐらい走るかという問題が出てきます。

通常のトライアスロンでは

水泳→自転車→マラソン

の順番ですが、これに関しては

  • 夜間の水泳は危険
  • スタートやゴールが自転車だと楽に見えてしまって感動を呼びにくい

という理由から変更になりそうです。

  • スタートとゴールは苦しそうに見えるマラソンor水泳
  • 暗い時間(早朝含む)の水泳は避ける
  • ゴール地点は武道館

一部のテレビ局スタッフは、これらを全て満たそうとすると

マラソン→水泳→自転車→マラソン

になるのではと予想しています。

トライアスロンで一番距離があるのは「アイアンマンディスタンス」という種目になるのですが、走行距離はスイム3.8km・バイク180km・ラン42.195km、合計約226kmです。

ただしこちらは過去にほりえもんが走った際、14時間20分という記録が出ています。

さすがに尺があまるので距離は伸ばしてくるでしょうね。

日テレ関係者によると

「水泳10km、自転車100km、マラソン100kmくらいのコースになるのでは」

と言われています。

追記
8/15日にバイクが60km、スイムが1.55km、マラソンが100kmの合計161.55kmのコースと発表されました!

スポンサーリンク

過去最長の走行距離は何キロ?

2018年のマラソンを走るみやぞんさんは運動神経がよく、体力もあるということで走行距離が長くなりそうですよね。

上述した関係者の予想が正しければ200キロくらいを走ることになります。

24時間テレビのマラソンというと例年100キロ前後のイメージが強いので、もしかしてこれって過去最長記録なのでは…!?

そう思って歴代ランナーの走行距離を調べてみました!

最長記録は何キロなのでしょうか?

1992年 間寛平 153 km
1993年 間寛平 200 km
1994年 肥後克広、寺門ジモン、上島竜兵 100 km
1995年 間寛平 600 km
1996年 赤井英和 100 km
1997年 山口達也 100 km
1998年 森田剛 100 km
1999年 にしきのあきら 110 km
2000年 トミーズ雅 150 km
2001年 研ナオコ 85 km
2002年 西村知美 100 km
2003年 山田花子 110 km
2004年 杉田かおる 100 km
2005年 丸山和也 100 km
2006年 アンガール 100km
2007年 萩本欽一 70 km
2008年 エド・はるみ 113 km
2009年 イモトアヤコ 126.585 km
2010年 はるな愛 85 km
2011年 徳光和夫 63.2 km
2012年 佐々木健介、佐々木健之介、佐々木誠之介、北斗晶 合計120 km
2013年 大島美幸 88 km
2014年 城島茂 101 km
2015年 DAIGO 100 km
2016年 林家たい平 100.5 km
2017年 ブルゾンちえみ 90 km

歴代の記録を見てみると、間寛平さんの600キロがダントツですね…!!

ただしこれは1周間かけて走っていますので、予想通り210キロのコースだった場合は1日の走行距離としてはみやぞんさんが最長になります!

追記
8/15日にバイクが60km、スイムが1.55km、マラソンが100kmの合計161.55kmのコースと発表されました。
間寛平さんの200kmマラソンは視聴者が殺到してしまい続行が難しくなった為にリタイアさせられています。
なので、161.55kmでも1日の移動距離としては歴代最長となりますね。

まとめ

24時間テレビのマラソンコースの決め方と過去の最長走行距離が何キロかを調べてみました!

コースの決め方としては

  • 土日休みの広い施設がスタート地点
  • 国道がメインコース
  • ゴールまでほぼ一直線

という点が共通しています。

2018年はトライアスロンということなので、

マラソン→水泳→自転車→マラソン

で210キロになるのではないかと予想されています!

追記
8/15日にバイクが60km、スイムが1.55km、マラソンが100kmの合計161.55kmのコースと発表されました!

また、過去最長記録は何キロなのなかと思って調べたところ、1995年に間寛平さんが走った600キロが最長でした。

ただしこちらは1周間かけて走っていますので、24時間での最長は何キロかと思って調べてみると…同じく間寛平さんが1993年に走った200キロでした!

日テレ関係者の210キロという数字はキリが悪く感じたのですが、過去最長記録にするための10キロでもあるのかもしれませんね。

連日猛暑や熱中症のニュースが続いていますので、安全第一でおこなって欲しいと思います。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂きありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする