【2019年3月】地震雲が目撃された場所はどこ?南海トラフの可能性や対策は

2019年3月20日、ツイッターに投稿された地震雲の写真が話題になっています。

普段と明らかに違う空の様子に戸惑う人も多い様子。

一体、今回の地震雲はどこで確認されたのでしょうか?

見られた場所や範囲を写真を交えて紹介します。

また、南海トラフが起こる可能性や家でできる対策についても調べました。

スポンサーリンク

【2019年3月】ツイッターに地震雲の目撃情報が多数投稿される

ツイッターにて、2019年3月20日頃から地震雲を見たという投稿が相次いでいます。

一番多いのは波紋型や放射状型、肋骨状型と呼ばれるものです。

ただ、中には以下のような不思議な形状の雲もありました。

https://twitter.com/Alexa52500938/status/1108683921217052672

https://twitter.com/takuma_deyansu/status/1108217041763221504

明らかに普段とは様子が違いますね。

どちらも初めて見る空です。

これらの写真は一体どこで取られたのでしょう?

地震雲が発生した場所はどこ?南海トラフの可能性は?

2019年3月に地震雲が目撃されている場所はどこなのでしょう?

ハッシュタグに入った地名を調べてみると、静岡県の投稿が多かったです。

東海地方では昔から「そろそろ大地震が来る」と言われています。

(私などは子供の頃から言われ続け、かれこれ30年近くたってしまいました…)

今回の地震雲はいよいよ東海大震災、南海トラフ地震が来るのでは…そう考えてしまうのも無理はないですね。

ただ、気象庁では地震雲と地震の関係は科学的に解明されていないとされ、地震雲が出たからといって地震が来るとも限らないということです。

スポンサーリンク

雲と地震は関係ない?地震がこないケースも

例えば、上のツイートでは普段は明らかに見る事のないような地震雲が発生しています。

しかし、写真の掲載元を辿ってみると2012年の6月に撮影されたものでした。

では、その後にあった大地震は?と調べてみると…

wikiに乗るような大地震は

2012年12月に三陸沖で発生した地震で、最大深度は5弱です。

半年も空いていると関係あるのかどうかいまいち分かりませんね。

防災グッズの対策は必須

今回の地震雲が大地震の前兆かどうか、ハッキリとしたことは分かりません。

1つ確実に言えるのは

「いつ地震が来てもいいように万全の対策をしておきましょう」

という事です。

我が家は非常食の賞味期限が切れていたので、本日買い出し予定です(汗)

水や食料以外にも簡易トイレや懐中電灯、体温を奪われない為のアルミシートなど必要なものは多いです。

何を買っていいか分からないという人はホームセンターなどにある防災セットを利用しましょう!

面倒だという人は通販でも買えるので、1つ手元に置いておくのがオススメです。

下の防災セットなどはテレビ番組でも紹介され、15万個以上売れているという人気商品です。

内容が充実していてすごいですね…!

我が家の数千円セットとは大違いです…。

 まとめ

2019年3月に目撃されている地震雲について、場所がどこかや大地震発生の可能性についてお話ししました。

場所は静岡県内での目撃例が多く、富士山の上にも普段は見ないような雲が出ていましたね。

ただ、地震雲が発生しても大地震が来ない事もあります。

心配しすぎてもどうにもならないので、

  • 防災グッズの確認
  • 避難場所の確認
  • 家族と連絡を取る手段を確認

などできる事をして、あとは地震が来ないことを祈りましょう…。

それでは、そろそろランプに戻ります。

最後までお読み頂き、ありがとうございました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする